HOME   »  ニュース  »  北海道日本ハムファイターズ・陽岱鋼選手のFA権行使についての会見の模様やコメントについて(随時更新)

北海道日本ハムファイターズ・陽岱鋼選手のFA権行使についての会見の模様やコメントについて(随時更新)

ここでは北海道日本ハムファイターズ・陽岱鋼選手のFA権行使についての会見の模様やコメントについて掲載・紹介します。

北海道日本ハムファイターズに所属する陽岱鋼選手が2016年11月7日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。

札幌市内の球団事務所を訪れ、球団幹部らと会談した。その後記者会見を行なった。

陽岱鋼選手のコメント


「自分の野球人生は、まだまだこれから成長していくと思う。自分が中堅選手になってきて、考えることがあった」と話した。

日ハムが若手中心のチームということに触れ、「自分がいたらおかしいなと思う」と話している。

「自分の野球人生は、まだまだこれから成長していくと思う。自分が中堅選手になってきて、考えることがあった。」

「自分の野球人生はまだ成長していくと思う。ファイターズは若手中心。球団の予算もある。このチームでやりたい気持ちはあるが、球団も僕のことを考えてくれた。11年間育ててくれて感謝の気持ちしかない」

「悩んで考えたけど、(権利行使の)決断をしました。球団には11年間、育ててくれて感謝の気持ちしかない。さみしいですけど、日本ハムのファンの皆さん、チームメート、野球をやってきた仲間には感謝しています」

「1週間くらい考えて悩んで、自分のために家族のためにこういう結果に決めました」、
「昨日、今日の朝決めたくらい」


他球団との交渉は代理人に委ね、「どこに行っても野球をやるだけ。(走攻守)全部を見てもらいたい」と話した。

20日に札幌市内で行われる優勝パレードなどには「僕は出たい」と参加する予定。
「これからは自分のプレーで恩返ししたい」とメッセージを残した。

周囲のコメント


日本ハム・栗山英樹監督
「ダイがそうやって決めたならそれに従う。彼の人生にプラスになっていくのをチームが手伝えるのはいいこと」と話した。外野守備の要が退団となれば戦力的には厳しいが「いる選手で強いチームをつくるしかない」



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
2017年ドラフト指名有力候補への各球団からの調査書の数ランキング(奈良学園大・宮本、村上など3選手掲載) Sep 21, 2017
比屋根 彰人 投手兼内野手(飛龍高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 17, 2017
古川 信之介 投手(専大松戸高校) 2年 2018年ドラフト候補 Sep 16, 2017
翁田 大勢 投手(西脇工業高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 16, 2017
田嶋 大樹 投手(JR東日本) 21歳 佐野日大高卒 2017年ドラフト候補 Sep 16, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補