HOME   »  球団別ドラフト情報・全12球団   »  球団別ドラフト情報・阪神編  »  阪神タイガース 2017年ドラフト・リストアップ情報・予想

阪神タイガース 2017年ドラフト・リストアップ情報・予想

ここでは阪神タイガースの2017年ドラフトについての情報を掲載・紹介しています。
選手名をクリックすると、詳細な選手紹介ページに飛びます。

※(高)は高校のことで、大学・社会人と区別をつけるためにつけています。

2016年ドラフト結果


指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
1位大山 悠輔内野手白鴎大学
2位小野 泰己

投手富士大学
3位才木 浩人投手須磨翔風(高)
4位 濱地 真澄投手福岡大大濠(高)
5位糸原 健斗内野手JX-ENEOS
6位福永 春吾投手徳島インディゴソックス
7位長坂 拳弥捕手東北福祉大学
8位藤谷 洸介投手パナソニック

育成ドラフト 指名なし

2017年ドラフト、リストアップ情報など


1位候補筆頭

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
清宮 幸太郎 内野手 早稲田実業(高)右投げ左打ち184cm97kg

1位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
安田 尚憲 内野手 履正社(高)右投げ左打ち188cm92kg

上位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
宮本 丈 内野手 奈良学園大学右投げ左打ち181cm80kg
田嶋 大樹 投手 JR東日本左投げ左打ち182cm77kg

指名候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
藤谷 勇介 投手 延岡学園(高)右投げ右打ち183cm75kg
篠原 翔太 捕手 報徳学園(高)右投げ右打ち177㎝76㎏

コメント

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
金成 麗生 一塁手 日大三(高)左投げ左打ち193cm101kg

阪神のドラフト関連の記事


阪神、早実・清宮らドラフト1位候補にリストアップ(日刊スポーツ) 17/7/1

阪神は6月30日、兵庫県西宮市の球団事務所でスカウト会議を開いた。
 今秋ドラフトの1位候補に早実・清宮幸太郎内野手(3年)を挙げるなど高校生を約50人、社会人を約30人リストアップした。
 佐野アマスカウト統括は、7月に開催される高校野球の地方大会や社会人の都市対抗野球大会で「最終のチェックをやっていきたい」と話した。

出典 日刊スポーツ 「阪神、早実・清宮らドラフト1位候補にリストアップ」 より


阪神今秋ドラフト上位候補にJR東日本・田嶋が浮上(日刊スポーツ) 17/2/21

阪神スカウト陣が今秋ドラフトの上位候補を追って、春季キャンプ中に異例のアクションを起こしていたことが分かった。最速152キロの本格派左腕、JR東日本・田嶋大樹投手(20=佐野日大)をリストアップしていることが判明。将来の左腕王国を築く上でも理想的な逸材とし、スカウト陣が2月上旬、JR東日本の宮古島キャンプを視察して現状を把握した。
 阪神はこれまで、早実・清宮と履正社・安田の超高校生級スラッガーを1位候補の軸に位置づけ、密着マークしてきたが、新たにサウスポーの田嶋も上位候補に浮上した。球団関係者は「佐野日大の頃から柔らかい投球を見せたし、実績もある」と評価した。何よりの武器は真っすぐの強さだ。佐野日大時代はセンバツ4強に押し上げてドラフト1位候補と騒がれながら、社会人入り。球速が7キロアップした。15年9月には侍ジャパン社会人代表に選ばれ、BFAアジア選手権に出場。国際舞台を経験したのも強みだ。
 チーム内では昨季、25歳の岩貞が先発で10勝を挙げたほか、14年ドラフト1位の横山や岩崎ら前途有望なサウスポーがそろう。その一方で、主力の能見が37歳で岩田も33歳になり、高齢化も進む。左腕投手陣の若返りを図るためにも、田嶋の力量も注視していく。
 15年にはDeNA2軍とのプロアマ交流戦にも登板し、2回5三振の無失点投球を見せた。スリークオーター気味の腕の振りで、速球でグイグイと押せる姿は、プロ向きといえる。スライダーの切れ味も定評がある。楽天ソフトバンクなども注目する実力派をトラも追いかける。

出典 日刊スポーツ 「阪神今秋ドラフト上位候補にJR東日本・田嶋が浮上」 より


金成麗生(日大三)、阪神「ドラフト指名の可能性ある」(スポニチ) 17/1/27

米俳優レオナルド・ディカプリオにひっかけた愛称「デカプリオ」を持つ金成は「出るチャンスがあれば夏に向けて良い経験になると思う」と心境を明かした。父は米国人で1メートル93、101キロの恵まれた体格を誇り、昨秋は主に6番・一塁で3発14打点、打率.429の活躍。
中学までは投手一筋だけにセンバツ出場が決まれば二刀流で甲子園に挑む可能性もある。あいさつに訪れた阪神・畑山俊二チーフスカウト「左で大きいし、投げられるとなれば、さらに面白い存在になる。今後の活躍次第で十分(ドラフト指名の)可能性はある」と評価した。

出典 スポニチ 「金成麗生(日大三)、阪神「ドラフト指名の可能性ある」」 より


阪神 兄弟投手指名プラン!ドラ8藤谷の弟・勇介を今秋リストアップ(スポニチ) 17/1/11

阪神が、今秋ドラフト候補として延岡学園の藤谷勇介投手(17)をリストアップしていることが7日、分かった。藤谷は、ドラフト8位ルーキー・藤谷洸介投手(20=パナソニック)の弟で、甲子園出場はないが、高校1年夏に最速143キロを計測した好素材。最終学年でアピールに成功すれば、球団史上初の「兄弟投手指名」が現実味を帯びる。
 阪神が「藤谷の弟」勇介にも熱視線を送っていることが判明した。球団関係者が「リストに入っていると聞いています」と認めた。
 身長1メートル94の兄より角度はないが、1メートル83、75キロと均整の取れた体格で、右肘を柔らかく使って腕をしならせるフォームから最速143キロの直球を繰り出す。軟式野球部に所属した中学時代に142キロを計測し、143キロも1年夏の時点で叩き出したというのだから、素材の良さは申し分ない。
 ただ、その後は肋骨骨折などケガの影響などもあり、目立った成績は残せていない。昨夏は宮崎大会2回戦・都城戦に先発しオリックスのドラフト4位・山本と投げ合った末に敗戦。今春選抜出場への重要な選考資料となる昨秋の宮崎大会でも準決勝・鵬翔戦で7回まで相手打線を1点に抑えていたが、8回に痛恨の同点2ランを浴びるなど3―4で敗れた。
 甲子園などの全国舞台に、ここまで縁はないが、今後の活躍次第で、秋のドラフト会議で阪神が指名する可能性は十分にある。昨秋ドラフトで3年夏の兵庫大会2回戦で敗退した須磨翔風・才木を3位指名したように、実績だけでなく個々の実力と将来性も評価の大きな要因となる。仮に公式戦で結果を残すことができなくてもスカウトが視察した練習試合で輝きを放つなどすれば…。今秋は早実・清宮、履正社・安田ら野手のドラフト上位候補が充実している一方で、高校生投手は現状では不作と言われており、藤谷にとってはチャンスの年でもある。
 球団では65年のドラフト制後、84年に捕手・嶋田宗彦、投手・嶋田章弘の兄弟を指名するなど、異なるポジションで兄弟が同時期に在籍した例はあるが、かつて西武で活躍した「松沼兄弟」のように兄弟そろって投手指名による在籍となれば、阪神では史上初となる。
 きょう8日、兵庫県西宮市内で今年1回目となるスカウト会議を開催予定。すでにドラフト1位の筆頭候補には清宮をリストアップしている。もちろん、リストには「藤谷勇介」の名も載っている。

出典 スポニチ 「阪神 兄弟投手指名プラン!ドラ8藤谷の弟・勇介を今秋リストアップ」 より


阪神、清宮を来年ドラフト1位指名で大筋決定!3年連続野手1位指名へ(サンスポ) 16/12/23

阪神が来秋のドラフト会議で、早実高・清宮幸太郎内野手(2年)の1位指名を球団内でほぼ固めていることが22日、分かった。最終的に金本知憲監督(48)の意向を踏まえて結論を出すものの、昨年の高山俊外野手(23)=明大、今年の大山悠輔内野手(22)=白鴎大=に続き、3年連続で野手を1位指名する可能性が極めて高くなった。
 来秋のドラフト会議に向けて、阪神の基本方針が明らかになった。清宮を1位指名へ-。高校No.1スラッガー獲りを、球団首脳が認めた。
 「今の段階で清宮君以外を指名することは考えにくい。1位『候補』ではない。1位で『いく』ということ。甲子園のスター。お客さんをあれだけ集められる力がある」
 今秋のドラフト会議では創価大・田中正義投手(22)=現ソフトバンク、桜美林大・佐々木千隼投手(22)=現ロッテ=ら即戦力投手を軸としていたが、当日になって大山の単独1位指名に転換。鳥谷以来の生え抜きレギュラーがいない現状を打破したい金本監督の意向を、最優先させた形になった。
 高山、大山と2年連続で野手を1位で獲得。高山は新人王に輝きレギュラーの一角を担ったが、球団内では「来年こそ即戦力投手を獲得すべき」という意見も出た。清宮にはすでに日本ハムの栗山監督が1位指名を示唆するなど、競合必至。さらに再来年は金本監督が3年契約最終年。優勝争いという結果が問われるため、計算できる投手にベクトルを向けたくなるのも無理はない。
 それでも球団内で意見交換を重ねた結果、3年連続での野手1位指名OKという方針でまとまった。最終的に金本監督の意向を踏まえるが、現時点で高校通算78発の大砲を最高評価とした。別の球団幹部も「話題性もある」と話した。
 球団首脳は「『打てない』というチームの体質を、金本体制の間に変えたい」と説明。その年のベストの野手を狙い続けることで、中長期的に打線に厚みのあるチームを作ることができる。中途半端に終わることは避けたいというわけだ。
 年明けの早実高の練習初めにスカウトを派遣するかどうかは現時点では決まっていないが、1月中には改めて“清宮詣で”をする見通し。そこで誠意を尽くす構えだ。
 清宮の父でラグビーのトップリーグ・ヤマハ発動機監督の克幸さん(49)は、虎党として有名。赤い糸で結ばれていることを信じて、熱視線を送り続ける。

出典 サンスポ 「阪神、清宮を来年ドラフト1位指名で大筋決定!3年連続野手1位指名へ」 より


阪神、DeNAも清宮1位有力「潜在能力は抜群」(スポニチ) 16/12/18

早実の清宮を巡っては各球団とも来秋ドラフト最大の目玉との見方で一致。すでに阪神1位候補でリストアップし、DeNA1位有力候補に挙げている。明治神宮大会では早実の全試合を複数スカウトで視察する球団も出るなど注目度は高く「1位競合は間違いない」「潜在能力は抜群」と絶賛の声が相次いだ。今月に入ってから学校へ調査に出向く球団も出ており、年明け以降は密着マークが本格化しそうだ。
 ▽来秋のドラフト候補 高校生は清宮をはじめ、履正社・安田や日大三・金成ら内野手の強打者が多い。また、投手も東海大市原望洋の最速147キロ右腕・金久保ら経験豊富な選手がそろう。大学生は九産大の151キロ右腕・草場らが上位候補。東大の左腕・宮台は左肩故障の回復状況次第か。また、社会人が豊作なのも特徴。JR東日本の高卒3年目左腕・田嶋や大卒2年目の好打者、菅野、田中(ともに日立製作所)ら投打に注目選手が並ぶ。

出典 スポニチ 「阪神、DeNAも清宮1位有力「潜在能力は抜群」」 より

スカウトコメント


球団関係者 JR東日本・田嶋大樹投手について 2017/2/21
「佐野日大の頃から柔らかい投球を見せたし、実績もある」

阪神スカウト 奈良学園大・宮本について 2017/1/31
「課題は打撃。この1年でどれくらいの結果を残せるか」

阪神・畑山俊二チーフスカウト 日大三・金成について 2017/1/27
「左で大きいし、投げられるとなれば、さらに面白い存在になる。今後の活躍次第で十分(ドラフト指名の)可能性はある」

阪神球団首脳 2016/12/23
「今の段階で清宮君以外を指名することは考えにくい。1位『候補』ではない。1位で『いく』ということ。甲子園のスター。お客さんをあれだけ集められる力がある」

阪神球団関係者 2016/11/19
「清宮君はもちろん、1位候補に入ってくるでしょう。3年連続で野手の指名になっても問題はないと考えています。それだけの逸材ですから」
「今ウチの球団には生え抜きのレギュラー格の選手が少ない。高山が1年目から頭角を現して今年は大山を獲得した。それでも生え抜きでクリーンアップを組むにはもう一人、野手が必要。その候補が清宮君です」
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
中村 奨成 捕手(広陵高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 24, 2017
高松 渡 内野手(滝川第二高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 24, 2017
石川 翔 投手(青藍泰斗高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 23, 2017
阿部 良亮 投手(日本通運) 24歳 東洋大卒 2017年ドラフト候補 Jul 22, 2017
上田 大河 投手(大商大高校) 1年 2019年ドラフト候補 Jul 22, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補