HOME   »  当サイト独自予想  »  北海道日本ハムファイターズ2016ドラフト指名選手(ルーキー)の個人的な期待度と活躍予想

北海道日本ハムファイターズ2016ドラフト指名選手(ルーキー)の個人的な期待度と活躍予想

ここでは2016年のプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズが指名した選手の個人的な期待度と活躍予想を掲載・紹介していきます。

北海道日本ハムファイターズ2016年新入団選手一覧


※(高)は高校のことで、大学・社会人と区別をつけるためにつけています。
指名順位氏名ポジション学校名・チーム名契約内容
1位堀 瑞輝投手広島新庄(高)
2位石井 一成

内野手早稲田大学
3位高良 一輝投手九州産業大学
4位森山 恵佑外野手専修大学
5位高山 優希投手大阪桐蔭(高)
6位山口 裕次郎投手履正社(高)
7位郡 拓也捕手帝京(高)
8位玉井 大翔投手新日鉄住金かずさマジック
9位今井 順之助内野手中京(高)
育成ドラフト 指名なし

新入団選手の短評と期待


ドラフト1位 堀瑞輝投手 左左 最速150キロ ストレート・スライダー・カットボール・チェンジアップ

田中正義投手と佐々木千隼投手を外しての外れ1位での指名です。夏の甲子園とU18での好投で評価を上げました。現状、2015年ドラフト2位の加藤投手しか先発左腕がいないことからも先発としての活躍を期待しています。今年10月に行われたU18で自己最速となる150キロ(球場表示は148キロ)を計測しています。U18では中継ぎ適正を見せましたが、本人は二桁勝利を目標ということで先発での起用となると思います。左の中継ぎの宮西、石井が抜けた場合はそこに入る。そういう力を持った投手です。左腕が少なく、加藤も来年の成績がどうなるか分からないということで開幕から1軍で活躍してほしいです。


ドラフト2位 石井一成内野手 右左 バランスの良い内野手 打撃の調子の波が激しい。

田中賢介が35歳ということもあって、2位にバランスのとれた遊撃手・石井選手を指名。守備では堅実な守備で本人も自信を持っている送球もしっかりしています。打撃では引っ張りで強い打球を打て、一発もあります。課題としては逆方向への打球が打ちあがって、レフトフライになってしまいがちなところかなと思います。中島卓也と田中賢介、渡邉諒がライバルになると思いますが、守備力は渡邉以上、打力は中島以上なので1年目から60~80試合出場する可能性も十分にあります。ホームランの方向を見てもライト方向がほとんどなので、逆方向への強い打球が打てるようになると一流選手になる可能性もあります。選球眼が良いので2、3番を任せても面白そうです。


ドラフト3位 高良一輝投手 右右 最速147キロ ストレート・スライダー・カーブ・スプリット・カット

怪我の影響で大学最終年はほとんど登板できませんでした。直球は平均140キロ前後ですが、オーバースローからの角度がある直球は中々のものです。2015年の全日本大学選手権大会では捕手の配球もあるのか、アウトコースへの直球が主体でした。全体のコントロールはまずまずですが、コースに投げるコントロールがあります。まだ腕が振れている印象がないので、腕をしっかり振れれば球速も伸びてくるように思います。110キロ前後のカーブの高さが、打者の打ちやすい高さに浮くことも多いので狙われると長打を打たれる可能性が高いです。今年のドラフト指名選手の中では即戦力としての能力も高く、将来性も高い選手に思えます。


ドラフト4位 森山恵佑外野手 左左 大型の長距離砲

元々、投打で注目されていた選手ですが、専修大学2年春から野手に転向した選手です。逆方向に伸びる打球は他の長打力が魅力の選手と比べても頭一つ抜けています。しかし、競争が激しい外野手ということと、バットの芯に当てるミート力がまだまだということもあり、プロの球と木製バットに対応できるのかは疑問に思ってしまいます。同じく長距離砲として獲得したドラフト9位の今井選手の方が柔軟なバッティングができてることから、あまり計算に入れない方が良いと思います。一塁コンバートの可能性も十分にあります。


ドラフト5位 高山優希投手 左左 最速150キロ ストレート・カーブ・スライダー・スプリット

打者から空振りを獲れる力を入れたストレートと、球速差が大きいカーブとのコンビネーションで抑えていく投手。リーチが長く、直球の切れも良いです。即戦力としての期待はできませんが、ファームでしっかり鍛えると3、4年目辺りから1軍で戦力になりそうな将来性があります。スプリットが使えるようになると、抑えとしても使ってみたいと思わせます。個人的には先発よりリリーフ向きに思います。


ドラフト7位 郡拓也捕手 右右 俊足の強肩捕手

捕手の中では打撃技術は高い。50m6秒0という俊足で二塁送球平均1.9秒という俊足強肩の捕手です。二塁と外野を守った経験もあるので捕手以外でもユーキュリティーな選手。まずは代走や第3捕手として使えそうな独特の立ち位置の選手になりそうです。高卒捕手ながらも需要がある選手ですから以外と早く、2年目辺りから1軍で出場機会がありそうに思います。


ドラフト8位 玉井大翔投手 右右 最速147キロ ストレート・スライダー・シュート・カット・カーブ・フォーク

東農大北海道で井口投手とかずさマジックで加藤投手と同僚だった投手です。制球がアバウトでストライクとボールがはっきりしているのが気になるところです。球種が多彩なことから何か一つでも決め球を作れると勝負しやすくなります。今のところ、アウトローに決まるストレートが武器ですが、1年目に1軍で登板できるかどうかがその後の成績にも大きな影響を与えるように思います。


ドラフト9位 今井順之助内野手 フルスイングで通算68発を放った長距離砲

甲子園でもこのフルスイングは話題になりましたが、バットをうまくしならせるように打ち分けるミート力もかなり高いです。バットの使い方としては中村晃(ソフトバンク)、フルスイングは森友哉に似ているように思います。スイングしている時に軸がぶれないのも個人的には高評価です。個人的にはなぜ9位なのかと思うような選手ですが、将来的には30本を軽く超えそうな選手になりそうです。評価を下げる理由として一塁しか守れないこともあるかと思いますが、長距離砲が少ない日ハムでは一塁手、DHで出場してもよいと思います。日本ハム・熊崎スカウトが言っているように三塁を守れるようになると大きいですがどうでしょうか。

総評


即戦力になりうるのは、1位の堀、2位の石井、3位の高良、8位の玉井選手ですかね。
玉井投手は1年目が最大の勝負のように思います。何試合登板できるかが大事です。
個人的な評価としては
堀>石井、今井>高良、郡>高山>森山、玉井
こんな感じになります。
堀投手、郡捕手の使い方が難しいですが、将来の日ハムのために活躍してほしいです。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
田嶋 大樹 投手(JR東日本) 20歳 佐野日大高卒 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
東 晃平 投手(神戸弘陵高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
佐藤 隼輔 投手(仙台高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
村上 宗隆 捕手(九州学院高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
柳橋 巧人 投手(金沢西高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補