HOME   »  2017年ドラフト候補   »  2017大学生投手  »  高橋 礼 投手(専修大学) 4年 専大松戸高卒 2017年ドラフト候補

高橋 礼 投手(専修大学) 4年 専大松戸高卒 2017年ドラフト候補



身長・体重 : 187cm80kg
投法・打法 : 右投げ右打ち

アンダースローから浮き上がる最速141キロ
球種 : ストレート・シンカー・スライダー・チェンジアップ・カーブ(現在習得中)

短評
アンダースローから最速141キロの浮き上がる直球が持ち味。新たにスライダーを習得し、緩急を上手く使ったピッチングができるように。

先発として完投する能力もリリーフ適正も高い。通算与四死球率が4を超える制球が課題だが、貴重な変則投手で楽しみな投手。

希少価値は高く、上位指名の可能性も。3年から調子を落としており、復活が待たれる。

リーグ戦成績



14年秋 東都2部リーグ

専修大学 高橋礼 投手 14年秋2部

高橋投手の投球動画

経歴・実績


高橋 礼(たかはし・れい)投手

千葉県松戸市出身。
生年月日 : 1995年11月2日
松戸ボーイズ(松戸市立八ヶ崎第二小学校)→流山ボーイズ(松戸市立第三中学校)→専大松戸高校→専修大学

松戸ボーイズ(松戸市立八ヶ崎第二小学校)

八ヶ崎第二小学校1年時に両親の影響で松戸ボーイズで野球を始める。

流山ボーイズ(松戸市立第三中学校)

中3の春、当時、チームのコーチをしていた新佐古剛人さんに勧められ、上手投げから下手投げに転向。

専大松戸高校

専大松戸では1年秋から背番号[18]でベンチ入り。

2年夏、千葉県大会では2試合に救援登板し、6回2/3を2安打1失点。

3年春からエースとなり、同春の関東大会でのベスト4進出に大きく貢献。

3年夏の県大会では主力投手として準優勝に貢献。
準々決勝・拓大紅陵戦では9回を4安打5奪三振、1四死球、完封勝利。
続く決勝戦・木更津総合戦でも先発登板し、12回1/3を投げ、10安打、11奪三振、12四死球、3失点の粘投だったが、押し出し四球でサヨナラ負けを喫した。

県大会優勝、関東大会ベスト4が最高成績で甲子園出場は無い。
高校時代の最速は128キロ。2学年上に上沢直之(2011日ハム6位)がいる。

専修大学

専修大学では1年秋から2部リーグに出場。

2年春、3月18日に行われた大学日本代表選考合宿で慶應義塾大学を2回をパーフェクトに抑え、大学日本代表に選出された。
この試合では最速136キロを計測した。

同年春、4月10日に行われた東都1部リーグ・中央大学戦では4回2/3を4安打、1四死球、2奪三振、無失点で抑え、勝ち投手となった。また、自己最速となる139キロを計測した。

3年春から調子を崩し、防御率も4を超え、同年秋には4連敗も喫した。

同年秋の東都1部リーグ入れ替え戦・国士舘大学戦では先発し、7回を2安打5四死球、1失点の粘投で1部リーグ残留に王手をかけた。


187㎝80㎏。アンダースローながらも最速141キロの注目右腕。
アンダースローから最速141キロというだけでも需要はあると思うが、調子を崩してからの与四死球率がネック。
お手本は西武の牧田投手。
試合前の移動中のバスでは、いつも動画を見てフォームの参考にしている。
大学野球の魅力 : レベルの高い選手が多いところ
アピールポイント : アンダースローからの軌道

スカウトコメント


阪神・吉野スカウト 2017/6/13
「バットが届くコースで勝負はできていた。あとは体力の部分」
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
上田 大河 投手(大商大高校) 1年 2019年ドラフト候補 Jul 22, 2017
高松 渡 内野手(滝川第二高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 22, 2017
山本 拓実 投手(市立西宮高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 22, 2017
田嶋 大樹 投手(JR東日本) 20歳 佐野日大高卒 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
東 晃平 投手(神戸弘陵高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補