HOME   »  2017年ドラフト候補   »  2017大学生野手  »  千葉 翔太 外野手(日本大学) 花巻東高卒 3年 2017年ドラフト候補
各球団公式サイト
松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小

千葉 翔太 外野手(日本大学) 花巻東高卒 3年 2017年ドラフト候補

千葉翔太 日本大学 3年 2017年ドラフト候補身長・体重 : 157cm60kg
投法・打法 : 左投げ左打ち[1]

巧みなバットコントロールで高い打率と出塁率を誇る

出身地 : 岩手県奥州市胆沢区南都田
球歴 : 水沢リトルリーグー南都田中学校(水沢リトルシニアースポーツ少年団南都田 バファローズ)
ー花巻東高校-日本大学[2][3]

短評
花巻東時代に「カット打法」で甲子園を沸かせた

巧みなバットコントロールの持ち主。夏の甲子園では

5打席連続出塁など出塁率8割を記録した。

その後は日本大学に進学し、3年春の春季リーグ

開幕戦でリーグ戦初出場を果たした。3年秋の秋季

リーグ・中央大学戦で大学初安打を記録した。

(写真は ひっしぃ ⚾️野球垢 ⚾️@89bakatendo様https://twitter.com/89bakatendoからお借りしました。
本当にありがとうございます。)

千葉選手の打撃・走塁・守備動画

経歴・実績


千葉 翔太 (ちば・しょうた) 外野手

出身地 : 岩手県奥州市胆沢区南都田
生年月日 : 1995年7月2日[4]
球歴 : 水沢リトルリーグー南都田中学校(水沢リトルシニアースポーツ少年団南都田 バファローズ)ー花巻東高校ー日本大学[2][3]

水沢リトルリーグ

小学4年時に父のすすめで水沢リトルリーグで野球を始める。
小学4年から中学1年の秋まで水沢リトルリーグに所属。
小学6年時、1個上の大谷翔平(2012日本ハム1位)が中学1年夏の時に全国大会出場。
小学校時代はメインは外野でたまに投手を務め、4番を任されていた。[3][5]

南都田中学校(水沢リトルシニアースポーツ少年団南都田 バファローズ)

南都田中学校では軟式野球部と水沢リトルシニア(硬式)の二つに所属。
中学でもクリーンアップを任されていた。

水沢シニア時に花巻東高校の練習見学をしており、その時の雰囲気に圧倒され中学2年時には花巻東に入ることを決めていた。
その後は花巻東高校に入学。[3]

花巻東高校

高校入学当初は投手メインでたまに外野の練習に入る程度だったが、1年の夏の終わりぐらいに投手をやめて野手に専念。

3年夏の甲子園では準々決勝までで、10打数7安打、15打席12出塁で出塁率.800。
済美(愛媛)との3回戦では安楽智大(2014楽天1位)相手に、内野に5人を配置する「内野5人シフト」をものともせずに5打数3安打。
続く準々決勝の鳴門(徳島)戦では持ち前のカット打法で鳴門のエース・板東湧梧に計41球を投げさせ、4四球と安打で5打席連続出塁。
しかし準々決勝の試合後、大会本部から「意図的にカット打法を続けた場合はバントとみなす場合がある」と注意を受け、準決勝の延岡学園(宮崎)戦ではカット打法を封印。
千葉は1球もファウルを打たず、4打数無安打でチームも敗退した。
試合後、千葉は「ファウルで粘って出塁するのが自分の役目なのに、それを止められてしまった。今までの野球人生で一番悔しい試合でした」と涙を流した。
カット打法については「(花巻東の佐々木)監督からは『打率よりも出塁率。それが2番打者の役目』と言われ続けてきました。ライナー、強いゴロを狙って、フライは上げないということを意識してたら、自然とあの打法に行き着いたんです」
後に千葉は「ルールは知っていたんです。後悔はない。あのとき泣いたのは、日本一を達成できなかったのが悔しくて」と語っている。[5]

その後は日本大学に進学。
日本大学に入った理由について千葉は「花巻東の監督にすすめられたのと、日大の先輩にキャッチャーの佐々木さん(佐々木隆貴 花巻東卒)がいて、練習もキチキチしててすごい良いって話を聞いて決めました。高いレベルのリーグでやりたいっていうのもあったので」と明かしている。[3]

日本大学

2年秋のリーグ戦ではボールボーイ。
千葉は「選手層が厚くなって、メンバーから外れてしまいました…。でも、負けません!」と語っていた。
2年時は同じセンターの山崎晃太朗(2015ヤクルト5位)に守備のポイントを聞いていた。
「いろいろ教えていただいたんですが、その1つが一歩目のスタートのポイント。僕が、守備の時はどこを見ているのかを質問したら、“打者のバットやボールではなく、視野を広くもって全体を見る”と教えてくださったんです。練習で挑戦してみたら、打球に対する一歩目のスタートが切りやすくなりました。山崎さんからは、いろいろ学ぶことが多かったです」[7]

日本大学では3年春の春季リーグ・国学院大学1回戦に「9番・中堅手」でリーグ戦初スタメン。
結果は2打数0安打に終わったが、「初めてのリーグ戦で緊張したけど、楽しくやれた。神宮は広く感じた」と話した。
翌日の2回戦では2四球を選んだ。[6]

その後はしばらくベンチから外れ、同年5月12日の東都秋季リーグ・中央大学戦で復帰。
1回2死満塁から左前打を放ち、大学初安打初打点を記録した。
試合後、千葉は「よかったです! ホッとしました~」と満面の笑みで話した。[7]

日本大学・仲村恒一監督は「前向きな野球ができる子。足もあるし守備もいい。もともと技術がなければあれはできないですよ。来年くらいからレギュラーを狙えるチャンスは十分ある」
目標について千葉は「将来のビジョンはまだ全然ですけど、野球を続けられるレベルにいれば、プロや社会人でも続けたい。でも、まずはレギュラー、チームとしては日本一が今の目標です」
カット打法については「カット打法は今も続けています。もちろんそれだけじゃないですけど、状況に応じていつでも出せるように。引き出しの多い打者になりたいんです」とコメント。


157㎝60㎏。巧みなバットコントロールと卓越した打撃技術が持ち味の外野手。
花巻東時代に「カット打法」で話題になったが、出塁率のほかに打率も高い数字を残すなど打撃技術は本物。
個人的に一度プロで見てみたい選手の内の一人。
花巻東で1学年先輩だった日本ハム・大谷翔平投手(2012日本ハム1位)とは「翔太」「翔平さん」と呼び合う仲。
リトル時代には投手として、大谷が1番手、千葉が2番手を担う良きライバルで、一緒に風呂に入ったこともある。

情報元


1.日本大学 - 一般財団法人 東都大学野球連盟[大学一覧-選手情報]
2.花巻東 千葉くんへのエール!!
3.千葉翔太
4.日本大学野球部 7月の誕生日の部員紹介
5.東スポWEB 甲子園を沸かせた悲運のカットマン「野球人生で一番悔しい試合でした」
6.スポニチ 「カット打法」で甲子園沸かせた千葉 日大でリーグ戦初スタメン
7.日刊スポーツ 日大・千葉翔太君、原点・花巻東の野球で大学初安打
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
森井 絃斗 投手(板野高校) 3年 2017年ドラフト候補 May 28, 2017
與座 海人 投手(岐阜経済大学) 4年 2017年ドラフト候補 May 28, 2017
濱口 雄大 投手(岐阜経済大学) 4年 2017年ドラフト候補 May 28, 2017
中川 虎大 投手(箕島高校) 3年 2017年ドラフト候補 May 27, 2017
池谷 蒼大 投手(静岡高校) 新3年 2017年ドラフト候補 May 27, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補