HOME   »  球団別ドラフト情報・全12球団   »  球団別ドラフト情報・オリックス編  »  オリックスバファローズ 2017年ドラフト・リストアップ情報・予想

オリックスバファローズ 2017年ドラフト・リストアップ情報・予想

ここではオリックスバファローズの2017年ドラフトについての情報を掲載・紹介しています。
選手名をクリックすると、詳細な選手紹介ページに飛びます。

※(高)は高校のことで、大学・社会人と区別をつけるためにつけています。


2016年ドラフト結果

本ドラフト
指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
1位山岡 泰輔投手東京ガス
2位黒木 優太

投手立正大学
3位岡崎 大輔内野手花咲徳栄(高)
4位山本 由伸投手都城(高)
5位小林 慶祐投手日本生命
6位山崎 颯一郎投手敦賀気比(高)
7位飯田 大祐捕手Honda鈴鹿
8位澤田 圭佑投手立教大学
9位根本 薫外野手霞ヶ浦(高)

育成ドラフト 
指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
育成ドラフト1位張 奕外野手日本経済大学
育成ドラフト2位榊原 翼

投手浦和学院(高)
育成ドラフト3位神戸 文也投手立正大学
育成ドラフト4位坂本 一将

内野手石川ミリオンスターズ
育成ドラフト5位中道 勝士捕手明治大学

2017年ドラフト、リストアップ情報など


1位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
東 克樹 投手立命館大学左投げ左打ち170㎝70㎏
田嶋 大樹 投手JR東日本左投げ左打ち182㎝77㎏
中村 奨成 捕手広陵(高)右投げ右打ち182㎝77㎏
安田 尚憲 内野手履正社(高)右投げ左打ち188cm92kg
清宮 幸太郎 内野手早稲田実業(高)右投げ左打ち187㎝100㎏
岩見 雅紀 外野手慶応義塾大学右投げ右打ち187㎝107㎏

指名候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
渡邉 雄大 投手新潟アルビレックスBC左投げ左打ち186㎝85㎏
山本 祐大 捕手滋賀ユナイテッドBC右投げ右打ち178㎝78㎏
廣澤 伸也 内野手大分商(高)右投げ右打ち175㎝69㎏
宮本 丈 内野手奈良学園大学右投げ左打ち181㎝80㎏
山崎 剛 内野手國學院大學右投げ左打ち172㎝73㎏
藤岡 裕大 内野手トヨタ自動車右投げ左打ち178㎝84㎏
福田 周平 内野手NTT東日本右投げ左打ち170㎝66㎏
高木 渉 外野手真颯館(高)右投げ左打ち181㎝75㎏
泉 祐介 外野手滋賀ユナイテッドBC左投げ左打ち174㎝73㎏
田中 燿飛 外野手兵庫ブルーサンダーズ右投げ右打ち181㎝94㎏

オリックスのドラフト関連の記事


オリックス、ドラフト候補にBC新潟の変則左腕浮上(日刊スポーツ) 17/10/16

オリックスが今秋ドラフトの指名候補に、BCリーグ新潟の横手投げ左腕、渡辺雄大(ゆうた=26)をリストアップしていることが15日、分かった。
 渡辺は最速143キロの直球とスライダー、カーブ、ツーシームなどの変化球を操り、主に抑えで活躍。変則の投球フォームも大きな武器だ。青学大でリーグ戦の登板はなく、BC新潟で頭角を現した。昨年までは主に左打者専門の中継ぎだったが、オフにオーストラリアのウインターリーグに参加し、右打者との対戦経験を積んでNPBへの道が開けてきた。

出典 日刊スポーツ 「オリックス、ドラフト候補にBC新潟の変則左腕浮上」 より


オリ ドラフト隠し玉 元阪神・井川イチ押し「プロが育ててみたい」長距離砲(スポニチ) 17/10/13

オリックスが26日のドラフト会議へ向けて関西独立リーグのベースボール・ファースト・リーグ、兵庫ブルーサンダーズに所属する田中耀飛外野手(21)を“隠し玉”としてリストアップしていることが分かった。
 無名に近い存在ながら同僚で元阪神エースの井川が「プロが育ててみたい選手でしょう」と素質を認める長距離砲。広島や巨人ら複数球団からも調査書が届き、オリックスが下位で指名する可能性が出てきた。
 在籍4年目の今季は無双だった。109打数46安打の打率・422、15本塁打、39打点で3冠王。長打率・954、出塁率・552を誇り、「詰まった球もホームランにできるようになってきたし、ライト方向へも一発が打てるようになってきた」と自信を深めた。
 名を上げたのがリーグ選抜で出場したプロとの練習試合だ。7月の巨人戦では2本塁打を含む4安打6打点。9月19、20日の楽天戦でも2試合連発。2、3軍相手とはいえ、バックスクリーンへたたき込んだ一発にはスカウト陣から感嘆の声が上がり、あるメジャー球団からは「ドラフトにかからなかったら、うちでメジャーに挑戦してほしい」とラブコールを受けた。阪神でトレーニングコーチの経験を持つ兵庫・続木敏之監督も「飛距離や打球の速さ、強さは1軍レベル」と評価。ドラフト指名に注目が集まる。
 ◆田中 耀飛(たなか・あきと)1996年(平8)3月5日生まれの21歳。大阪市出身。小2から長曽根ストロングスで野球を始め、英明(香川)では3年夏の4強が最高で甲子園出場はなく高校通算18本塁打。芦屋大学へ進学後はベースボール・ファースト・リーグ兵庫に所属。ベンチプレス140キロ、スクワット240キロ、デッドリフト270キロ。家族構成は母と姉。血液型A。右投げ右打ち。1メートル81、94キロ。

出典 スポニチ 「オリ ドラフト隠し玉 元阪神・井川イチ押し「プロが育ててみたい」長距離砲」 より


【オリックス】NTT東日本・福田周平をリストアップ 都市対抗MVPの遊撃手(スポーツ報知) 17/10/13

オリックスがドラフト指名候補に、都市対抗MVPショートのNTT東日本・福田周平内野手(25)をリストアップしていることが12日、明らかになった。7月の都市対抗で打率が5割を超え、橋戸賞(最優秀選手賞)を受賞。169センチと小柄だが、走攻守三拍子そろっている。地元の大阪出身で、広島・広陵高では、日本ハム・有原らとともに10年センバツで4強。明大時代も社会人でも日本代表に選ばれている。
 正遊撃手の安達がシーズン終盤に潰瘍性大腸炎を再燃。球団関係者が「競わせたいけど、選手が足りない」と話すなど、二塁、遊撃が手薄で、京セラD内で開いたスカウト会議では、トヨタ自動車・藤岡、日立製作所・田中、奈良学園大・宮本らもリストアップした。
 また、ドラフト1位候補はJR東日本・田嶋大樹投手(21)ら約6人に絞った。

出典 スポーツ報知 「【オリックス】NTT東日本・福田周平をリストアップ 都市対抗MVPの遊撃手」 より


オリックス隠し玉は「今宮2世」大分商・広沢を検討(日刊スポーツ) 17/10/13

隠し玉は「今宮2世」!? オリックスが26日ドラフト会議で、大分商・広沢伸哉内野手(3年)をリストアップしていることが12日、分かった。
 今夏の大分県大会は1番遊撃として決勝進出。オリックス関係者は「最終80人のリストに入っている」と明かし、下位候補ながら指名を検討している。特に守備面の評価が高く、成長すれば明豊(大分)出身のソフトバンク今宮のような存在にと期待しているようだ。
 高校生の下位候補では真颯館(福岡)の高木渉外野手(3年)もリストアップしている。

出典 日刊スポーツ 「オリックス隠し玉は「今宮2世」大分商・広沢を検討」 より


オリックス田嶋、東が軸 抽選11連敗も競合辞さず(日刊スポーツ) 17/10/12

オリックスは11日、大阪市内でドラフトに向けたスカウト会議を開いた。
 長村球団本部長は、単独指名がここ4年続いた1位に関して「競合もやむを得ない。誰かは当日まで議論する」と明かした。抽選は11連敗中。くじを引くなら福良監督になりそうだ。この日は大学、社会人、独立リーグの候補約80人をリストアップ。上位は投手優先の方針で、1位はJR東日本・田嶋と立命大・東の両左腕が軸とみられる。早実・清宮、広陵・中村、履正社・安田の高校生3選手も同球団本部長は「1位評価」とした。

出典 日刊スポーツ 「オリックス田嶋、東が軸 抽選11連敗も競合辞さず」 より


オリ、ドラフト隠し玉は「上園チルドレン」BC滋賀の強肩捕手・山本(サンスポ) 17/10/12

隠し玉に上園チルドレン! オリックスが独立リーグ・滋賀ユナイテッドの山本祐大捕手(19)=京都翔英高=を今秋のドラフト指名候補に入れていることが11日、わかった。
 この日、京セラドームの球団事務所で最大3日間に渡るスカウト会議がスタート。長村球団本部長は「大学、社会人、独立リーグの選手の評価を確認した。同評価の選手がいれば、地元を優先したい」と説明。その中の1人が山本だった。
 大阪市出身の山本は滋賀の創設1年目となった今季、強肩捕手として活躍。二塁送球は1秒8台前半を誇り、阪神で新人王に輝いた初代監督の上園啓史氏が「いいものを持っている」と認める逸材だ。視察した球団関係者も「うちは絶対的に捕手の数が少ない。若くて魅力的」と話す。打撃面など荒削りな部分はあるが、そこは19歳。磨けば光るダイヤの原石だ。
 また、同チームの俊足巧打の泉祐介外野手(22)もリストアップ。山本には阪神をはじめ他球団も注目しているだけに、指名順位を含めて検討を重ねていく。

出典 サンスポ 「オリ、ドラフト隠し玉は「上園チルドレン」BC滋賀の強肩捕手・山本」 より



オリックス、東大・宮台をドラ1候補に 沖縄&福岡合宿、OP戦も密着マーク(デイリースポーツ) 17/2/11

オリックスが今秋ドラフトの1位指名候補として、東大の150キロ左腕宮台康平投手(21)を挙げていることが10日、明らかになった。東大が22日から沖縄・首里高で行うバッテリー合宿、27日からの福岡合宿、3月のオープン戦などに担当スカウトを派遣し、密着マークを続ける。史上初の東大ドラ1誕生も夢ではなさそうだ。
 オリックスは本気だった。1月14日に行われた東大の初練習にはソフトバンク、ヤクルト、DeNA、西武と並んで、担当の由田スカウトが視察。「ドラフト1位の12人に十分入って来る素材」と高評価を口にしたが、リップサービスではなかった。
 「今年のドラフトは早実の清宮と宮台の2人が目玉です」と断言。宮台は最速150キロ左腕。昨春の早大戦で東大新記録となる13奪三振を記録。7月の日米大学野球選手権では大学日本代表にも選ばれるなど、1位候補の評価は揺るぎない。
 問題は昨秋のリーグ戦を離脱する原因となった左肩痛がどこまで回復しているか。この調査をするために由田スカウトを密着マークさせることを決めた。22日から沖縄・首里高で始まるバッテリー合宿、福岡合宿、3月に九共大などと行うオープン戦まで調査することになった。長村球団本部長も「面白い素材と聞いている。春のリーグ戦が始まれば見に行くつもり」と編成トップの視察も口にした。
 過去に東大からプロ入りしたのは、65年の大洋・新治伸治(ドラフト制度なし)、66年度ドラフト中日3位の井手峻、91年度8位のロッテ・小林至、99年度7位の日本ハム・遠藤良平、04年度9位の横浜・松家卓弘の5人がいるが、ドラフト1位はいない。史上初の東大ドラ1誕生となるか。

出典 デイリースポーツ 「オリックス、東大・宮台をドラ1候補に 沖縄&福岡合宿、OP戦も密着マーク」 より


【オリックス】早実・清宮マークを確認…今年初スカウト会議(スポーツ報知) 17/1/12

オリックスは11日、京セラドーム大阪内の球団事務所で、今年初めてとなるスカウト会議を開いた。スカウトそれぞれの担当地区の確認を行い、今秋のドラフトに向けて候補者約300人をリストアップ。その中の一人として名前が挙がった早実・清宮幸太郎内野手(2年)について、長村球団本部長は「打撃は非凡なものを持っている。良い素材なのは間違いない。節目節目では見に行くことになると思う」と高く評価した上で、今後もマークを続けていく方針を示した。
 他には履正社・安田尚憲内野手らが候補として挙がったという。同本部長は「スカウトで協力して、チームの底上げをできるような若手を取れるように頑張っていこうと話した。候補は割り出しただけで、これから絞り込んでいく」と話し、今後のアマ野球シーズンの開幕を見据えた。

出典 スポーツ報知 「【オリックス】早実・清宮マークを確認…今年初スカウト会議」 より

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
尾田 恭平 投手(大阪商業大学) Nov 20, 2017
橋本 敦也 投手(立教大学) Nov 20, 2017
津留崎 大成 投手(慶応大学) Nov 19, 2017
馬場 龍星 捕手(日本体育大学) Nov 18, 2017
松本 航 投手(日本体育大学) Nov 18, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
検索フォーム
スポンサーリンク
おすすめの野球グッズ
プロフィール

booker

Author:booker
プロ・アマチュアを含め野球が大好きです。
高校野球では2009年夏の甲子園・日本文理対中京大中京戦が一番好きな試合。
プロ野球では日ハムファンです。
12球団のドラフト情報を掲載・紹介していきます。
リクエストや要望はコメントでお願いします。
Twitter始めました。@bookerbaseball1
要望・依頼があればyakyuzukidraft@gmail.comまで

スポンサーリンク
オンラインカウンター
RSS
follow us in feedly
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Twitter始めました。(気軽にフォローしてください)