HOME   »  お遊び  »  【2017年最新版】プロ野球を見られるサービスを徹底比較 パリーグTVやスポナビライブなど各媒体を紹介

【2017年最新版】プロ野球を見られるサービスを徹底比較 パリーグTVやスポナビライブなど各媒体を紹介

ここでは2017年のプロ野球を見られるサービスを紹介していきます。

スカパーやスポナビライブ、パリーグTVにDAZNなどの媒体を料金や内容などで比較していきたいと思います。
最近は地上波、BSを含めプロ野球の放送が少なくなっているので、こういったサービスに加入することも選択肢の一つとなってきます。

スカパー!プロ野球セット


スカパー プロ野球セット

料金 : 加入料+月額3980円
※新規加入者限定で2017年3月31日までに加入すれば、加入料0円、加入した翌月の月額が1980円になります。
放送する試合 : セ・パ全12球団の全試合
デバイス : テレビ、スマホ・PC(広島・巨人・阪神以外の9球団)

メリット

・セ、パ12球団全ての試合を見ることができる
・野球以外の番組、例えばGAORAなら試合だけでなく高校野球やテニス、インディカーシリーズなども見ることができる

デメリット

・値段がそこそこ高い

有料衛星放送として名を馳せているスカパー!によるプロ野球セット。

基本的な知識としてまず、スカパーにはたくさんのチャンネルがあります。
その中でも「プロ野球を見るならこっちのほうがお得ですよ」と、単体で契約するよりも割引する形でいくつかのチャンネルを組み合わせてできたのがこのプロ野球セットです。

内訳としてはFOXスポーツ、GAORA、J SPORTS(1,2,3)、日テレジータス、TBSチャンネル2、テレ朝チャンネル2、フジテレビONE・TWO、スカイA、TBSニュースバードとなっていて、これらのチャンネルを個別で契約していくとゆうに1万円は超えますが、このプロ野球セットなら月額3980円で全部見れますよというお得なセットです。

ここで注意しなければいけないのは、4つチャンネルがあるJ sportsです。プロ野球セットではJ sports1、2、3までは見れますが、J sports4は見れないようになっています。
元々J sports4は2011年までは西武の主催試合を放送していたんですが、放映権移行により、プロ野球セットからこのJ sports4が外れています。
プロ野球のシーズンを見る分には全く問題ないんですが、たまに侍ジャパンのキャンプや試合などを放送することがあるのでそのときに、なんで4だけ見れへんねんと地団駄を踏むことになります。

特定の球団の試合だけ見たいという場合は、単体で契約した方が安いですが、複数球団の試合を見たいという人には間違いなくこのプロ野球セットがおすすめとなります。

PC、スマホでの視聴は「スカパー!オンデマンド」で可能で、広島、巨人、阪神以外の9球団の主催試合は視聴できるようになっています。前はヤクルトしか見ることができなかったので、スカパーも大きく進化しています。

他にも「スカパーセレクト5」や「スポーツセレクション」といったセットもあるので見比べてみるといいかもしれません。
お申し込みは↓のバナーからお願いします。


スポナビライブ


スポナビライブ トップページ

料金 :
フルHD 月額1480円(ソフトバンク以外のユーザー) 月額980円(ソフトバンクユーザー)
HD画質 月額500円(ソフトバンクユーザー、新規受け付けは3月15日まで)
放送する試合 : 広島、巨人以外の10球団の全主催試合
デバイス : テレビ、スマホ、PC、タブレット

メリット

・広島、巨人以外の10球団のオープン戦から公式戦まですべて見れる
・テニス、サッカー、Bリーグ、MLB、女子プロ野球など日本で人気のコンテンツが充実
・3月16日からフルHD画質対応
・多分、パリーグTVより画質が良い
・携帯がソフトバンクの人は安く使える

デメリット

・1球分ぐらいのラグがある

スポナビライブといえば、最近急激に勢力を拡大しているスポーツ専門の動画配信サービスです。
かくいう、私も契約しようかなと思っているサービスなんですが、コンテンツを紹介していきます。

まず、プロ野球では広島、巨人以外の10球団の主催試合を放送、一部を除いて見逃し配信にも対応しています。
プロ野球以外にもサッカー、テニス、Bリーグ全試合、女子プロ野球全試合、MLBに大相撲など日本で需要が高いスポーツのコンテンツが非常に充実しています。

そんな、新進気鋭のスポナビライブが3月に値下げするということで注目を集めているんですが、
今まで対応してなかったフルHDに対応し、ソフトバンクユーザーなら月額980円、それ以外の人でも月額1480円と安くなっています。
また、このフルHD対応によって、HD画質の新規受け付けが3月15日までとなっています。
HD画質で良いなら3月15日までに申し込むと、その後も月額500円で視聴可能です。(ソフトバンクユーザー)
HDからフルHDに変更することも可能です。

まとめると、
ソフトバンクユーザーの方はとりあえず、3月15日までにHD画質の契約を済ませて、後でフルHDに変えても良いということです。

ソフトバンクユーザーじゃない方も、月額1480円でフルHDで楽しめます。
どちらにせよ、コスパは最高のサービスとなっています。


詳しくは「スポナビライブ」をフルHD対応など 機能拡充し、通常料金を月額1,480円に値下げ!を見ていただければと思います。
スポナビライブはこちらから。

パ・リーグTV


パリーグTV トップページ

料金 :
1450円(通常料金)
950円(パリーグファンクラブ会員)
放送する試合 : パ・リーグの全主催試合と巨人・阪神の交流戦主催試合、西武・SBの二軍主催試合
デバイス : スマホ、PC、タブレット

メリット

・パリーグファンクラブ会員はお得

デメリット

・スポナビライブの台頭でどうなるか

パリーグファンにはお馴染みのパリーグTVですが、スポナビライブの台頭で少し苦しくなってきています。

パリーグの全主催試合と、巨人・阪神が主催する交流戦を見れて、月額1450円となっています。
パリーグ6球団いずれかのファンクラブに入っている方は月額950円で楽しむことができます。


ちなみに楽天のファンクラブ「ベーシック」は年会費500円なので、とりあえずベーシックに入ってからパリーグTVと契約するというのが一番お得に入れる方法となっています。

スポナビライブの値下げによって、パリーグTVからスポナビライブに人が流れそうな雰囲気ですが、パリーグTVがどう対応していくかも注目となってきます。

DAZN


DAZN トップページ

料金 :
月額1750円
携帯がドコモであれば月額980円
放送する試合 : DeNAと広島カープの主催試合(カープの試合は広島県内では視聴不可)
デバイス : テレビ、スマホ、PC、タブレット

メリット

・他のサービスでは見られないDeNAと広島カープの主催試合が見られる
・海外を主要としたF1などの様々なスポーツコンテンツが充実している
・携帯がドコモであれば安い

デメリット

・日本向けのコンテンツが少し弱い

最近、スカパーでJリーグの放送ができないと話題になっていましたが、そのJリーグの放映権を高額で買い取ったのがこのDAZNです。

Jリーグ、プロ野球以外にもMLB、F1、UFC、Vリーグ、NBA、NFL、NHL、WTA、その他多数のスポーツコンテンツが充実しているのですが、まだ野球ファンにとっては物足りない内容となっているのは確かです。

私のようなF1好きにとっては、野球さえ充実してくれれば...というところなんですが頑張ってほしいところです。

DAZN公式サイトはこちら

ニコニコ生放送


ニコ生 バナー

料金 : 無料(プレミアム会員は月額540円)
放送する試合 : DeNAと楽天の主催試合
デバイス : テレビ、スマホ、PC、タブレット

メリット

・ニコ生だけの実況でみんなでワイワイ
・DeNAと楽天の主催試合が無料で見られる

デメリット

・画質が悪く、一般会員は追い出されることも多々

動画配信サイトのニコニコ生放送ではDeNAと楽天の主催試合を無料で見ることができます。

他のサービスと比べて異色なのは視聴者が投稿したコメントが画面に流れるというところです。
ファンが一体感を持って見ることができ、DeNAの試合はニコ生独自実況で、コメントを積極的に拾ってくれるので本当に一体感を持った応援、楽しみ方ができます。

今ではおなじみとなっているDeNA・山崎康晃投手のヤスアキコールはニコ生・DeNA戦で良く実況している節丸アナウンサーがニコ生内でコメントしたことが大きなきっかけになったといわれています。

難点としては画質の悪さと追い出しがあることですが、NCVなどのプラグインを使うといろいろ回避できるのでわざわざプレミアム会員になる必要はないのかなと思います。

ニコニコ生放送はこちらから

まとめ


他にも球団専用の配信サービスなどはあるんですが、とりあえずこの記事では複数球団に対応しているサービスを紹介していきました。
虎テレのような専用サービスはた記事で紹介していきたいと思います。

今回のスポナビライブの値下げもDAZNの値下げに対応してのことですから、パリーグTVも何らかの対応を考えていると思います。
シーズン開幕まではまだあるので、しっかり機能などを見極めて、自分のニーズに合った観戦方法をしていただければと思います。

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
甲斐野 央 投手(東洋大学) Feb 17, 2018
梅津 晃大 投手(東洋大学) Feb 17, 2018
佐々木 健 投手(富士大学) Feb 16, 2018
石橋 康太 捕手(関東第一高校) Feb 16, 2018
田宮 裕涼 捕手(成田高校) Feb 16, 2018
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
検索フォーム

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

スポンサーリンク
おすすめの野球グッズ
プロフィール

booker

Author:booker
プロ・アマチュアを含め野球が大好きです。
高校野球では2009年夏の甲子園・日本文理対中京大中京戦が一番好きな試合。
プロ野球では日ハムファンです。
12球団のドラフト情報を掲載・紹介していきます。
リクエストや要望はコメントでお願いします。
Twitter始めました。@bookerbaseball1
要望・依頼があればyakyuzukidraft@gmail.comまで

スポンサーリンク
オンラインカウンター
RSS
follow us in feedly
フリーエリア
フリーエリア
リンク
Twitter始めました。(気軽にフォローしてください)