HOME   »  2016年ドラフト候補   »  2016大学生投手  »  柳 裕也 投手(明治大学) 横浜高卒 4年 2016年ドラフト候補 2016年中日1位指名

柳 裕也 投手(明治大学) 横浜高卒 4年 2016年ドラフト候補 2016年中日1位指名

柳裕也 スポナビ2016年中日ドラゴンズ1位指名

身長・体重 : 180cm83kg
投法・打法 : 右投げ右打ち

最速150キロ
球種 : ストレート・ツーシーム・カットボール
スローカーブ・スライダー・チェンジアップ

出身地 : 宮崎県都城市
球歴 : 大王小学校ー松原中学校(都城シニア)
ー横浜高校ー明治大学

短評
アマチュアトップクラスの制球力が持ち味。最速150

キロのストレートと110キロ前後のカーブを織り交ぜ、

打者のタイミングを狂わせる。大学日本代表にも選ば

れ、背番号10の主将としてチームを引っ張った。

2016年ドラフトでは中日DeNAの2球団が競合し、

中日が交渉権確定。即戦力として期待される。

柳投手の投球動画

柳投手のリーグ戦成績

経歴・実績


柳 裕也 (やなぎ・ゆうや) 投手

出身地 : 宮崎県都城市
生年月日 : 1994年4月22日
球歴 : 都城市大王小-都城市小松原中-横浜高-明治大

都城市大王小

小学3年から志比田スポーツ少年団で野球を始める。6年生の時には全国大会で優勝。

都城市小松原中

中学2年時にはリトルシニア九州選抜に選ばれ、中学3年生時では、少年野球全米選手権大会に日本代表として選出。
少年野球全米選手権大会では15イニングを2失点の好投で、サイ・ヤング賞(最優秀投手)を受賞。
この頃から最速135キロを記録し、注目を集めた。

その後は九州の高校からの誘いを断り、横浜高校に進学。

横浜高校

横浜高校では1年夏からベンチ入り。1年秋から公式戦に登板した。

2年春のセンバツ1回戦・波佐見戦でリリーフ登板し、3回6奪三振1失点の好投で甲子園デビュー。
が、打線が松田遼馬(2011阪神5位)に封じ込まれ、チームは初戦敗退。

6月に行われた神村学園との練習試合で自己最速の141キロを計測した。

2年夏の県予選では背番号[10]を背に、5試合に先発登板し県大会優勝に導いた。

甲子園では2試合に登板。
3回戦の智辯学園(奈良)戦では8回、被安打1、1失点と好投するも、救援がつかまり、一挙8失点で4対9で敗戦。

3年生からはエースとしてのマウンド。
県予選は順調に勝ち進み、センバツベスト8まで進出。
3年夏は現・楽天の松井祐樹に3対4で投げ負け、まさかの県大会ベスト8で敗退。
1学年先輩に乙坂智、近藤健介、同期に田原啓吾、2学年後輩に高濱祐仁、淺間大基がいる。

高校卒業後は明治大学に進学。

明治大学

明治大学では1年春のリーグ戦から登板。
初登板となった早大1回戦で自己最速の143キロを計測。

第44回明治神宮大会・道都大学戦では5回4安打4奪三振無失点の好投。

1年秋の新人戦・早大戦では145キロを計測。

2年春のリーグ戦から先発を任せられるように。

2年秋には主力として3勝1敗、防御率2.21の好成績を残し、投手十傑入り。

3年春にはエースに。

3年夏にはユニバーシアードの日本代表に選出。
2試合で10.2イニングを投げ、被安打3、5四死球、18奪三振、無失点で優勝に貢献した。

3年秋には5勝2敗、防御率1.95の安定感抜群のピッチングでベストナインを受賞。

4年春も6勝1敗、防御率0.87というピッチングを見せ、チームを優勝へ導いた。

第40回日米大学野球選手権大会

その後は大学日本代表に選ばれ、7月12日から始まった第40回日米大学野球選手権大会に出場。
夏の甲子園と同じ、背番号[10]を着け主将としてチームの中心として引っ張る。
2試合11回2/3を投げ無失点、19奪三振と好投で最高殊勲選手賞を獲得

アメリカ代表戦で8者連続三振を含む12奪三振を奪った。
試合後、柳は「試合に入って感じたことを投球に生かせました」とコメント。

2016年秋季リーグ

2016年秋季リーグ東京六大学野球第1週第1日・開幕戦の東大戦に登板し、7回を投げ、被安打6、2失点の好投で開幕戦を勝利で飾った。この勝利でリーグ戦通算勝利数を19に伸ばす。
試合後、柳は「三振を取りにいく球が、粘られたり打たれたりしてしまった」と2回に許した先取点と、7回のソロ被弾を反省した。

プロについては「意識しないと言えばうそになる。でも、リーグ戦は明治を勝たせるために投げるだけ。それが評価されればいい」と言い切った。
秋季リーグ東京六大学野球第1週第1日 明大9―2東大(10日・神宮)

次は東京六大学野球第3週第1日の慶応戦に登板。
9回を投げ、被安打1、3四死球、13奪三振の完封勝利。この勝利でリーグ通算20勝目を飾った。

2016年10月1日に行われた法政大学戦に今季3勝目を目指して先発登板。
序盤は制球に苦しみ、3回にタイムリーを打たれたが、その後の打者を併殺に打ち取り、最少失点で切り抜けた。
最終的には7回を投げ、被安打4、5四死球、1失点、7奪三振で好投し、大学通算21勝目を挙げた。
打撃面でも4回に決勝点となるセンター前タイムリーを放つなど、3安打2打点で自分を援護した。
自身の調子について柳は「ストライクを取るのが精いっぱい」と5四死球を反省した。
明治大学では史上5人目となる通算奪三振300を超えたことについては「目標にしてきた数字。素晴らしい先輩方に並べたのはうれしい」と喜びを露わにした。
ネット裏には巨人DeNAなど4球団が視察していた。
東京六大学野球第4週第1日 明大10-2法大(2016年10月1日 神宮)

その次の日、東京六大学野球第4週第2日・法大戦では前日7イニングを投げ、3勝目を挙げたが、今日も8回途中からリリーフ登板。きっちり1安打無失点に抑え、リリーフとしての役割も果たした。
善波達也監督は「最後は結局、柳に。本当は使いたくなかったです。(先発の)星も成長しているが期待が大きいこともあり、もう少し(頑張れ)という気持ち。川口は努力のかいがあって良かった」と話した。
東京六大学野球第4週第1日 明大8-4法大(2016年10月2日 神宮)

10月15日の早大戦に先発登板。延長12回を投げ切り、3安打、1失点の快投。
毎回奪三振となる20奪三振を奪い、球数も149球に抑えた。
二回1死から6者連続三振。
延長に入ってから4者連続三振。
2点を勝ち越した延長12回2死二塁では20個目で試合を締めた。
通算奪三振数は321に伸ばし、大学通算22勝目を手にした。

2016年プロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズにドラフト1位指名された。

総評


制球力が良く、間違っても高くに失投はいかないのは本当に魅力的。

まず、140キロ台の直球と110キロ前後のカーブ、チェンジアップでカウントをとる。
そこからの決め球に投げる高めの直球とアウトコースのカーブは、好打者でも打つのは難しいんじゃないでしょうか。

特にカーブは一級品。

柳の投球を見ていると、プロでも即戦力としてすぐに活躍できるように思えます。

2016年6月18日の大学日本代表選考合宿紅白戦では牽制で一塁走者を刺すなど、牽制のうまさもピカイチ。
この試合以外にも殆どの試合で素早い牽制が見られます。

また、課題としては変化球の制球力が抜群なことからストレートの制球力が今一つに感じられるところ。
このストレートの制球を極めれば、エース級の活躍ができそうです。

大学の先輩の現・広島、野村祐輔のようにストレートのスピードアップが出来ると、更に1ランク上にいけるのかな?
広島のスカウトが150キロはいらないとコメントしていますが、私も全くの同感でこれだけの制球力があれば球速はいらないんじゃないかと感じます。


個人的に注目している選手だけに、10月1日に行われた法政大学戦では7回4安打1失点も、5四死球という数字が目立ちました。
アマチュア界でもトップの制球力と私は評価しているので、調子が悪いなりにももう少しまとめてほしかったところです。

凄かったですね、10月15日の早大戦。
生で見たわけではありませんが、12回を149球、3安打、1失点ですか。

柳投手の最大の特徴は配球だと個人的には思っています。
例えば、この球種を投げると打者はこうやって反応するというようなことをしっかり投球前に予測できているのだと思います。

現時点ではドラフト1位指名が濃厚で、悪くても2位には指名されるのが予想される選手。
2位まで残る可能性はほとんどないと思いますが...。


↑早大戦の投球を見てしまうと、絶対に1位で指名されます。
外れ1位の可能性もほぼ無いようにに思います。

今のところ、真っ先に1位指名に行きそうなのは中日か。
その他では巨人やDeNAが1位候補に挙げているという情報もあります。

個人的には今年のドラフト候補の中では競合必至と言われている田中正義投手と柳投手のトップ2だと思っています。
中日は予想通りでしたが、DeNAはへぇと思いましたね。一応、1位候補に挙げていると紹介しましたが、競合するのは少し意外でした。上にも書いたように実力は田中正義とトップ2だと思っているのでプロでも期待しています。パリーグ球団のファンとしてはセリーグなので気兼ねなく全力で応援できます。(笑)2017/2/20

スカウトコメント


中日・中田スカウト部長 2016/10/23
「優勝へのプレッシャーやドラフトもあった中でどう抑えるか。きょうの試合が課題だった。これだけ安定した投球なら1年目からローテに入れる。1000奪三振?。それはあるね」

中日・森監督 2016/10/21
「(作新・今井1位予定だったが)昨日から今日にかけて、急きょ変更した。高校生であのボールを投げるのは素晴らしい。(西武1位情報が入り)でも重複するなと・・・。外れても、まだ投手はいるんだけど、そこを外すと嫌だった。どっちにしても重複だったけどね。うれしいよ。最下位のチームにふさわしい投手が取れた。大事な先発ローテに入ってくれるだろうと期待している。(柳指名は)ウチに一番必要としていることは何だろうと考えた時に、オレが一番使いやすい、こき使っても大丈夫な明治大で野球をやっている人だと思った」

中日・中田スカウト部長 2016/10/19
「(3回2/3投げ4失点も)評価は完璧にできている。競合もあるかもしれない」

中日・中田スカウト部長 2016/10/16
「素材としていい選手はいっぱいいるが、柳はできあがり具合、即戦力としてはナンバーワン。ローテーションに入って何年間も投げられる」

中日・佐藤スカウト 2016/10/16
「ドラフト1位候補というピッチング。縦に切るカットが、面白いように決まっていた」

巨人・山下スカウト部長 2016/10/16
「柳は安定していて、きょうは三振を20個も取った。田中、佐々木もいい投球をしていて、(1位指名を)誰にするか難しくなっているな」

西武・渡辺SD 2016/10/16
「ローテーションに入って、すぐに投げられる1番手は彼じゃないかな」

DeNA・河原隆一スカウト 16/10/2
「常にストライク先行できる。いい変化球も持っている」

広島・苑田スカウト統括部長 16/10/2
「悪いときは悪いなりに工夫して試合を作れる。変化球は特に縦のカーブが効いている。何よりコントロールがいいから、150キロの球なんてなくていい」

広島・苑田聡彦スカウト統括部長 16/9/25
「頭が突っ込まずに投げられていた。いつも試合をつくれる」

中日・中田スカウト部長 16/9/25
「投手としての完成度はピカイチ。何度対戦しても的を絞らせない」
「総合力はアマで一番」

中日・佐藤スカウト 16/9/11
「吉見に近いイメージ。完成度は高い。来年、先発ローテで投げてほしいと期待するなら、いの一番に名前は挙がると思う」

DeNA・欠端光則スカウト 16/9/11
「マウンドで落ち着いているね」

中日・中田スカウト部長 16/8/28
「制球力とコンビネーションがいい。完成度が高い」

楽天・立花球団社長 16/8/17
「(楽天2軍との交流戦で)素晴らしいの一言。ウチは点が入ってないんだから。間違いなく1位で消える」

アストロズ・大慈弥スカウト 16/7/14
「カーブがとにかくいい。アメリカにはカーブをコントロールできるピッチャーは少ない」

阪神・平塚スカウト 16/7/26
「あのカーブは、打者にとって邪魔になる。最近ではああいうドロップみたいな球を放る投手はいない。全体的にレベルが高い。ピッチングがうまいよ」

中日・中田スカウト部長 16/6/9
「典型的な先発タイプ。1年目からローテに入れる。1位候補は他にもいるが、1年目から使えると太鼓判を押せる投手はそういない」

中日・佐藤スカウト 16/6/9
「イメージとしてはウチの吉見。真っすぐとカットボールを内と外にビシッと投げられ、フォークもある。フィールディングとけん制も抜群。完成度が高い」

阪神・平塚スカウト 16/6/9
「キレと制球がハイレベル」

広島・苑田スカウト統括部長 16/6/9
「今大会ではズバ抜けている。カーブはプロでもトップ級」

阪神・平塚スカウト 16/5/24
「タフさが増した。4年生になると調子を落とす投手が多い中、上がっている。非常に楽しみ」

巨人・山下スカウト部長 16/5/22
「右打者の内を突く直球がいい。安定感は抜けている。今年のドラフト候補で一番」

ヤクルト・小川SD 16/5/22
「右打者のインサイドにきっちり投げられる。上位候補でしょう」

日本ハム・大渕スカウトディレクター 16/5/10
「すごいボールが投げられなくても、どうすれば抑えられるかわかっている」

ソフトバンク・荒金スカウト 16/5/10
「悪い時、苦しい時に投げ切れるすごさを改めて見た」

阪神・平塚スカウト 16/4/26
「よくなっている。直球が強くなった」

巨人・山下スカウト部長 16/4/20
「安定しているし、ボールの質がいい」
「安定感、冷静な投球で試合を作れるところを高く評価している。上位候補? もちろん」

広島・苑田スカウト統括部長 16/4/17
「修正できるというのはいい投手」

中日・石井昭男チーフスカウト 16/3/2
「大したもの」

中日・佐藤スカウト 16/3/2
「投げ損なっても甘いところに行かない」

DeNA・吉田孝司スカウト部長 16/3/2
「年々成長している」
「制球がいいし、打者への攻め方を知っている。ますます磨きがかかってきた感じ」 

DeNA・高田GM 16/1/18
「上位候補の一人」

楽天・星野球団副会長 16/1/18
「大学生はいいピッチャーが多いと聞いているが、(柳は)エースでキャプテンか。おれと同じ(立場)だから、それはモノになるな」

中日・中田スカウト部長 12/3/28
「柳(横浜)は投球に「間」(ま)があるのがいい。制球力に優れているから大崩れをしない」

巨人・山下スカウト部長 12/3/28
「智弁学園・青山大紀、横浜・柳裕也君は、夏までの成長に期待です」
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
田嶋 大樹 投手(JR東日本) 20歳 佐野日大高卒 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
東 晃平 投手(神戸弘陵高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
佐藤 隼輔 投手(仙台高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
村上 宗隆 捕手(九州学院高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
柳橋 巧人 投手(金沢西高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補