HOME   »  2017年ドラフト候補   »  2017高校生投手  »  田中 瑛斗 投手(柳ヶ浦高) 3年 2017年ドラフト候補

田中 瑛斗 投手(柳ヶ浦高) 3年 2017年ドラフト候補

身長・体重 : 183㎝67㎏ 
投法・打法 : 右投げ左打ち

最速147キロ
(2017年7月15日に別大興産スタジアムで計測)
球種 : ストレート・カーブ・スライダー
・カットボール・ツーシーム・チェンジアップ

出身地 : 大分県中津市
球歴 : 中津市立小楠小学校(小楠ベースボールクラブ)ー中津市立中津中学校(軟式野球部)ー柳ヶ浦高校

短評
最速146キロのストレートとスライダー、ツーシー

ム、チェンジアップなど多彩な変化球が武器の本格派

右腕。まだ体が細く、自らも課題に挙げる緩急をつけ

る投球が出来ればかなり面白い存在となりそう。

50m5秒9の俊足でチームの4番も務める。

最終目標をプロと設定しており、チームを

2003年以来の夏の甲子園に導く能力は十分。

<画像は リュウセイ@5589dragonさんからいただきました。本当にありがとうございます。>


田中投手の投球動画

経歴・実績


田中 瑛斗 (たなか・えいと) 投手

出身地 : 大分県中津市
生年月日 : 1999年7月13日
球歴 : 中津市立小楠小学校(小楠ベースボールクラブ)ー中津市立中津中学校(軟式野球部)ー柳ヶ浦高校

中津市立小楠小学校(小楠ベースボールクラブ)ー中津市立中津中学校(軟式野球部)

小楠小学校では小楠ベースボールクラブ、中津中学校では軟式野球部に所属した。
中津中学校の軟式野球部では主に内野手としてプレー。

その後は「野球にちゃんと、取り組みたい」と柳ヶ浦高校に進学。

柳ヶ浦高校

柳ヶ浦高校では1年秋から背番号[11]でベンチ入り。

公式戦デビューは2年春の県大会2回戦・藤蔭高校戦。
自己最速となる143キロを計測し、初登板初完封を飾った。(チームは3-0で勝利)

2年夏からエースとなる予定だったが、開幕1か月前にスライディングで腰を痛め、2年夏は登板機会が無かった。

2年秋から背番号[1]でエースとなったが、同秋の県大会では準々決勝敗退。

山口俊(2005横浜・高校生1位)以来の柳ヶ浦高校から直接プロ入りを狙う。


184㎝70㎏。最速144キロの直球と変化球のコンビネーションを武器にする素材抜群のプロ注目右腕。
50m5秒9の俊足で2017年2月の県高野連主催の競技会では100m走で3位の11秒79を計測。

スカウトコメント


福岡ソフトバンク・福山龍太郎アマスカウトチーフ補佐
「潜在能力が高く、今後が楽しみ。腕の振りがシャープで指先の感覚も優れている」

中日・中田宗男スカウト部長 2017/7/15
「フォームのバランスが素晴らしい。フィニッシュで崩れるときがあるが、安定してくればもっと球も良くなる」

阪神・田中秀太スカウト 2017/7/15
「体ができていない今の時点であれだけスピードが出るのだから、体をつくれば球速は上がる。将来性は抜群」

アストロズ・大慈弥スカウト 2017/7/3
「肩幅も広いし、体はもっと大きくなる」

ヤクルト・小川SD 2017/7/3
「しっかり腕が振れる。今年の高校生では上位」

アストロズの大慈弥功・環太平洋担当部長 2017/6/19
「追いかけていきたい存在」

ヤクルト・小川SD 2017/6/18
「非常に良い印象。体幹が強くなればストレートもどんどん早くなると思う」

情報元


1.スポーツ報知 日米スカウトが注目!発展途上で146キロの“九州のダル”
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
比屋根 彰人 投手兼内野手(飛龍高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 17, 2017
古川 信之介 投手(専大松戸高校) 2年 2018年ドラフト候補 Sep 16, 2017
翁田 大勢 投手(西脇工業高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 16, 2017
田嶋 大樹 投手(JR東日本) 21歳 佐野日大高卒 2017年ドラフト候補 Sep 16, 2017
鍬原 拓也 投手(中央大学) 4年 北陸高卒 2017年ドラフト候補 Sep 15, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補