HOME   »  女子選手  »  山口 萌那 内野手(浦和商業) 3年 女子プロ野球志望

山口 萌那 内野手(浦和商業) 3年 女子プロ野球志望

山口萌那身長 : 158cm

投法・打法 : 右投げ右打ち

ポジション : 内野手(二塁手)


短評
2016年9月1日にプロ志望届を提出した女子選手。

公式戦の出場は無いが、今年の全国高校野球選手権埼玉大会の開会式では、

女子部員として同大会で初めてプラカードを持って選手を先導した。



経歴・実績

埼玉県出身。
川口ドラゴンズ-蕨リトルシニア-浦和商業

小学1年生の時に近所の男の子に誘われ、姉と共に野球を始める。
川口ドラゴンズ

地元の川口ドラゴンズに所属。

蕨リトルシニア

その後は蕨リトルシニアに所属。

高校は野球を続けられる高校を探したが、「危ないからダメ」と音悪学校もあった中で、許可をくれた浦和学院高校に入学。

浦和商業高校

浦和商業でのポジションは二塁手。

公式戦での出場はできなかったが、練習試合でたまに代打として出場した。

練習は男子部員と同じで、最初はついていけなかったが、「気合で乗り切りました」とコメントするように力をつけ、横田監督が冗談で「男として試合に出ないか」と頼むほどに成長した。

セカンドの守備について、
横田監督は「力は無いが技は一級品」
阪崎秀斗主将も「セカンドでは一番うまい」と高く評価する。


初の練習試合先発出場

6月末には横田監督の計らいで初めて練習試合に先発出場した。

第二打席で中前打。第三打席では送りバントをしっかり決めた。

この試合について山口は「いつも終盤の代打ばかりだったから、二打席目があるのがうれしくて」。


3年夏、埼玉県大会で女子部員として初めてプラカードを持って入場行進

最後の夏、3年夏の埼玉県大会では「浦和商業高」の文字が書かれたプラカードを持って入場行進した。

山口は「女子部員として、仲間と一緒に行進できたことがうれしい」

最後の夏は「スタンドから的確な指示を出し、プレーに貢献したい」とスタンドから精いっぱいの声援を送る。

全国高校野球選手権埼玉大会の開会式の様子(浦和商業の行進は17分40秒辺りから)


2016年9月1日にプロ志望届を提出した。

女子プロ野球の合同トライアウトが川口市で9月20、21日に行われる。

「野球は私の人生そのものって感じ。トライアウトでも後悔しないようなプレーをしたい」。

女子プロ野球という夢への挑戦。



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
田嶋 大樹 投手(JR東日本) 20歳 佐野日大高卒 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
東 晃平 投手(神戸弘陵高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
佐藤 隼輔 投手(仙台高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
村上 宗隆 捕手(九州学院高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
柳橋 巧人 投手(金沢西高校) 3年 2017年ドラフト候補 Jul 20, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補