HOME   »  2016年ドラフト候補   »  2016大学生野手  »  田中 和基 外野手(立教大学卒) 西南学院高卒 4年 2016年ドラフト東北楽天3位指名
各球団公式サイト
松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小

田中 和基 外野手(立教大学卒) 西南学院高卒 4年 2016年ドラフト東北楽天3位指名

田中和基 スイング後2016年東北楽天ゴールデンイーグルス3位指名

身長・体重 : 180cm85kg
投法・打法 : 右投げ両打ち

長打力が高いスイッチヒッター

総評
高校時代は通算18本放つものの、甲子園

出場はかなわず。逆方向への打球の伸びは

凄まじく、50m5秒8秒、一塁到達3.9秒の

俊足もあり、リードオフマンやクリーンアップ

としての活躍も期待できる。

Hondaとのオープン戦では1試合で左右両

打席本塁打という珍しい記録を打ち立てた。

個人的におすすめしたい打者。

<出典 ベースボールドットコム 【東京六大学野球連盟春季リーグ戦】立教大vs東京大(第5週1回戦) 「立教大・大城滉二がリーグ通算100安打達成!チームも接戦の末勝利!!」>

田中選手の打撃動画


2016年の6月 大学日本代表選考合宿での全打席 2016年9月25日の打席

リーグ戦打撃成績

経歴・実績


田中 和基 (たなか・かずき) 外野手

出身地 : 福岡県福岡市
生年月日 : 1994年8月8日
球歴 : 高取小学校-高取中学校-西南学院高校-立教大学

高取小学校ー高取中学校

小学1年時から軟式野球を始め、高取中学校まで投手を務める。
このころからスイッチヒッター。

西南学院高校

西南学院高校では正捕手としての活躍。

3年夏の福岡県大会1回戦・三池工業戦では3番・捕手として先発出場し、3打数1安打1打点の活躍。
続く2回戦・有明高専戦も3番・捕手として先発出場し、3打数1安打としっかりヒットを放った。

その後は3回戦・福岡大大壕戦で1-8で敗れ、三回戦敗退となり、甲子園出場は無かった。
高校通算18本塁打。

その後は「強い大学でレギュラー争いを」という思いで立教大学へ。

立教大学

高校時代は捕手としての活躍だったが、「早く試合に出たいなら外野に」と勧められ、選手層の厚い捕手から外野手に転向。
1年時に軽い3球のウォーミングアップで球速143キロを計測。

2年春までは両打ちを続けたが、50m5秒8の俊足を生かすために左打ちに専念。
とにかく試合に出たくて、2年春には新人戦の学生監督に投手転向を志願した。

2年秋からはリーグ戦に出場。
リーグ戦では主に7番・レフトとして結果を残し、3年秋までに6本塁打を記録する。
プロへのアピールも考え、田中は「少し自信がついたので本来の姿に戻すことにしました」と両打ちに戻すことを決意。
「今度は1試合で右でも左でも本塁打を打ちたい。狙います」と意気込んだ。

3年秋はリーグ2位タイの4本塁打、打率3割5分3厘をマーク。

両打ちに戻した4月23日の早大戦。
6回に回ってきた第3打席。右打者として初となる本塁打を含む、2安打を放った。
左右両打席での本塁打は連盟関係者も「記憶にない」という異例の記録となった。
広島の苑田スカウト統括部長は「右でも本塁打を打てたのは好材料。足にも注目したい」と評価した。

5月9日に行われた東京六大学野球第5週最終日・東大戦。
4-0で迎えた5回二死一、三塁の場面。
田中は左打席に入り、第2号となるライトスタンドへの3ランホームラン。
4月23日の早大戦で右打席に立って本塁打を放っているため、1シーズン内で左右両打席本塁打という珍しい記録を打ち立てた。

また、1日にはオープン戦ながらもHonda戦で1試合で左右両打席本塁打を放った。

リーグ戦通算8本(うち、1本は右打席)は現役最多。
大学最後のシーズンに向けて田中は「これからどれだけ増やせるか」と熱い思いを口にした。

4年春にはプロ数球団が視察する中、右打席の実戦不足もあり、打率.256、2本塁打に終わったが、7月に東京六大学選抜として国際大会に出場。

打率は.174に終わったが、田中は「上のレベルでやるならこういう球に対応しなければ」と意識を高め、勝負となる秋のリーグ戦に臨む。

2016年9月25日、早稲田大学戦では6番・ライトで先発出場し、5連続四死球で出塁するという珍しい成績となった。

2016年プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスに3位指名された。


180cm85kg リーグ戦通算8本(うち、1本が右打席)。
50m5秒8、左打者として一塁到達タイム最速3.64秒。
将来の野望は「(野球ゲームの)パワプロでオールAの5ツールプレーヤーになりたい」

総評


個人的に注目したいのは、3年秋と4年春の成績です。

3年秋の打率.353もそうですが、10試合で4本塁打、出塁率.405という数字にはかなり惹きつけられます。

また、4年春の成績で注目してほしいのが盗塁の数。
3年秋は10試合で0だったにもかかわらず、4年春には13試合で7盗塁と大幅に向上しています。

元々、50m5秒8の俊足なので走らないのはなぜかと思っていましたが、4年春には走塁の意識を高めたのか、数字が上がりました。

短所としては三振が多いところです。
4年春までの通算で47試合に出場し、43個の三振とおおよそ1試合に三振を1個弱喫していることになります。

打撃フォームがバットを動かせるオープンスタンス気味のフォームなので、インコースの球を詰まらせて内野ゴロにしてしまうこともありますが、一塁到達3.9秒から4秒の俊足を生かせるのでそこまで問題にはならないと思います。

東京六大学野球の柳田と言われるほどに、期待される選手。

高校時代から無名ということもあって、まだあまり有名にはなっていませんが、現時点では中位、下位指名が予想されます。

スカウトコメント


楽天・沖原スカウト 2016/10/21
「田中選手の特徴はまず強肩、俊足、そしてなによりスイッチヒッターで右でも左でもホームランが打てることが彼の最大の魅力です。トリプルスリーをめざせる選手ですので、そこをめざしてとにかくチームの中心になれる選手ですので期待しています」

ソフトバンク・小川一夫編成育成部長兼スカウト室長 16/9/14
「身体能力が高い」

広島・苑田スカウト統括部長 16/4/24
「右でも本塁打を打てたのは好材料。足にも注目したい」

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
石田 光宏 投手(東京ガス) 関西大学卒 2017年ドラフト候補 Apr 24, 2017
鍬原 拓也 投手(中央大学) 4年 北陸高卒 2017年ドラフト候補 Apr 24, 2017
本田 仁海 投手(星槎国際湘南高校) 新3年 2017年ドラフト候補 Apr 24, 2017
島田 海吏 外野手(上武大学) 新4年 2017年ドラフト候補 Apr 24, 2017
増田 珠 外野手兼投手(横浜高校) 3年 2017年ドラフト候補 Apr 24, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補