HOME   »  球団別ドラフト情報・全12球団   »  球団別ドラフト情報・ヤクルト編  »  東京ヤクルトスワローズ 2016年ドラフト・リストアップ情報・予想
各球団公式サイト
松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小松坂大輔 フリー画像 縮小

東京ヤクルトスワローズ 2016年ドラフト・リストアップ情報・予想

ここでは東京ヤクルトスワローズの2016年ドラフトについての情報を掲載・紹介しています。
選手名をクリックすると、詳細な選手紹介ページに飛びます。

※(高)は高校のことで、大学・社会人と区別をつけるためにつけています。

2015年ドラフト指名結果


指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
1位原 樹理投手東洋大学
2位廣岡 大志

内野手智辯学園(高)
3位高橋 奎二投手龍谷大平安(高)
4位日隈 ジュリアス投手高知中央(高)
5位山崎 晃大朗外野手日本大学
6位渡邉 大樹内野手専大松戸(高)

育成ドラフト 指名なし

2016年ドラフト、リストアップ情報など


1位候補(有力)
氏名ポジション学校名・チーム名投法・打法身長・体重短評
田中 正義 投手 創価大学右投げ右打ち186cm90kg1位競合必至の右腕。
最速156キロのストレートで
打者を封じ込む。
山岡 泰輔 投手 東京ガス右投げ左打ち170cm65kg最速152キロのストレートを武器に、
高い投球術をもつ即戦力右腕。
佐々木 千隼 投手 桜美林大学右投げ右打ち181cm83kg低めに決まる最速153キロの直球が持ち味。
この1年で評価が急上昇し、ドラフト1位候補に。

過去に名前が挙がった1位候補
氏名ポジション学校名・チーム名投法・打法身長・体重短評
寺島 成輝 投手 履正社(高)左投げ左打ち183cm86kg150キロのストレートとスライダーが中心。
完成度が高く、即戦力としても期待が高まる。
今井 達也 投手 作新学院(高)右投げ右打ち180cm72kg16夏の甲子園で自己最速となる152キロを
計測し、夏の甲子園優勝を果たした。
藤平 尚真 投手 横浜(高)右投げ右打ち185cm83kg最速152キロの直球から
スライダー、フォークで打者を翻弄する。

小川SDは「指名は6人。そのうち投手は4人が目安」と全体で6人の指名の方針を明らかにした。
また、1位指名については小川SDは「1位は本当に決めていない。当日にならないと決まらないんじゃないかな」とも。

1位候補には上の6人を含む、13人の名前が挙がっているそうです。
ドラフト全体では6人、そのうち投手が4人と小川SDが明かしています。

ヤクルトのドラフト関連の記事


ヤクルト・真中監督、ドラフトは「すぐに使えるピッチャー」熱望(デイリースポーツ) 16/10/19

ヤクルトは18日、都内の球団事務所でスカウト会議を行い、20日のドラフト会議の1位指名候補を桜美林大・佐々木創価大・田中東京ガス・山岡の3投手に絞り込んだ。
 即戦力の先発投手を1位指名して獲得したい当初の方針は、全く変わらなかった。会議に出席した真中監督も「すぐに使えるピッチャー。最初から使いたい」と早々と来季の“開幕ローテ”で起用することを示唆した。
 特に今年は投手に好素材が多い。競合も覚悟しており、他球団の動向も気になるところだ。1位指名の選手を決めるのは「(ドラフトの)当日になると思います」と小川SD。ギリギリまでじっくりと議論と検討を重ね、最終的に決断を下す。

出典 デイリースポーツ 「ヤクルト・真中監督、ドラフトは「すぐに使えるピッチャー」熱望」 より


燕、ドラフトは6選手指名 小川SD「投手は4人が目安」(サンスポ) 16/10/18

ヤクルトは17日、東京・北青山の球団事務所でスカウト会議を開き、20日のドラフト会議で6選手を指名する方針を固めた。小川淳司シニアディレクター(SD、59)が「指名は6人。そのうち投手は4人が目安」と明かした。
 1位は未定だが投手の見込み。候補は桜美林大・佐々木千創価大・田中、東京ガス・山岡、履正社高・寺島作新学院高・今井、横浜高・藤平ら。小川SDは「1位は本当に決めていない。当日になるかもしれない。大学生、高校生にとらわれず、戦力で使える人を指名したい。競合は覚悟している」と話した。
 指名が重複した場合にくじを引く真中監督は、すでに緑色のネクタイを新調。「人と人をつなぐ色」と夫人の美奈さんに薦められた。指揮官はかねて「一番いい投手を」と希望している。

出典 サンスポ 「燕、ドラフトは6選手指名 小川SD「投手は4人が目安」」 より


ヤクルトのドラフト最上位に山岡!田中正義らと同等(日刊スポーツ) 16/10/5

社会人NO・1右腕が、ヤクルトのドラフト1位候補に急浮上した。4日、都内の球団事務所で20日のドラフト会議に向けた編成会議を行った。衣笠球団社長、真中監督を交え、候補選手の映像を確認。最上位候補に4人を位置付け、中でも東京ガス・山岡泰輔投手(21=瀬戸内)の評価が高いことが分かった。リストアップした上位候補は15人程度。さらに山岡、履正社・寺島成輝投手(3年)、桜美林大・佐々木千隼投手(4年=日野)、創価大・田中正義投手(4年=創価)の4人は、ワンランク高い位置付けにある。山岡は身長172センチと小柄ながら、150キロ近い伸びのある直球にスライダー、シンカーなど多彩な変化球が持ち味で、即戦力の呼び声が高い。前日3日は、DeNAとの練習試合に先発。ヤクルトは小川SD(シニアディレクター)を筆頭にスカウト全員で視察した。3回を11安打5失点と打ち込まれたが、鳥原チーフスカウトは「勝負する気持ちもいいし、直球のキレがいい」と評した。寺島、佐々木、田中はいずれも競合必至とみられ、山岡で単独指名の可能性も探っているようだ。今季は5位でCS出場を逃した。先発陣は石川、小川の8勝が最高で、チーム防御率はリーグワーストの4・73。真中監督「やっぱりピッチャーが試合を作らないと始まらない。ドラフトでも1位は投手でしょ。高卒だとしても、6月くらいに1軍で投げられるような力を持っていれば構わない。とにかく力のある投手」と話しているように、シーズンを通して活躍できる先発投手の獲得が最優先事項となる。ドラフト本番まで、スカウト会議はあと2回を予定。吟味を重ね、最終的な絞り込みを行う。

出典 日刊スポーツ 「ヤクルトのドラフト最上位に山岡!田中正義らと同等」 より





Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
増田 珠 外野手兼投手(横浜高校) 3年 2017年ドラフト候補 Apr 23, 2017
清宮 幸太郎 内野手(早稲田実業高) 新3年 2017年ドラフト候補 Apr 23, 2017
北村 拓己 内野手(亜細亜大学) 4年 2017年ドラフト候補 Apr 21, 2017
渡邉 雄大 投手(新潟アルビレックスBC) 25歳 青山学院大卒 Apr 20, 2017
山崎 剛 内野手(國學院大學) 新4年 日章学園高卒 2017年ドラフト候補 Apr 20, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
フリーエリア
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補