HOME   »  2016年プロ野球ドラフト会議・12球団、抽選時のくじ引き役  »  2016年プロ野球ドラフト会議・12球団の抽選時くじ引き役一覧。2010年以降の抽選成績も(随時更新)

2016年プロ野球ドラフト会議・12球団の抽選時くじ引き役一覧。2010年以降の抽選成績も(随時更新)

ここではドラフトで指名が重複した際の抽選のくじ引き役を掲載・紹介してきます。
ドラフトが現制度に変更された2010年からの各球団の抽選成績も紹介します。

阪神タイガース


緒方孝市監督
監督として3度目のドラフト会議出席で、クジ引きとなれば初の大役になる。

広島の2010年からの抽選結果
2010年
1回目入札 ×大石 達也(西武へ)     6球団競合(阪神、広島、横浜、西武、オリックス、楽天)
2回目入札 ○福井 優也(入団)       単独指名

2012年
1回目入札 ×森 雄大(楽天へ)      2球団競合(広島、楽天)
2回目入札 ×増田 達至(西武へ)     2球団競合(広島、西武)
3回目入札 ○高橋 大樹(入団)       単独指名

2013年
1回目入札 ○大瀬良 大地(入団)     3球団競合(阪神、広島、ヤクルト)

2014年
1回目入札 ×有原 航平(日ハムへ)    4球団競合(DeNA、広島、阪神、日ハム)
2回目入札 ○野間 峻祥(入団)       単独指名

広島(全球団中11位) 
1勝4敗(勝率.200)
獲得選手:大瀬良大地

阪神タイガース


金本知憲監督
指揮官は「今年はくじ運が悪いから、あまり行きたくない」と苦笑。
四藤球団社長は「そら、そうやろう。(意中の選手を)引っ張ってきてもらわないと」期待を寄せた。

阪神の2010年からの抽選結果
2010年
1回目入札 ×大石 達也(西武へ)     6球団競合(阪神、広島、横浜、西武、オリックス、楽天)
2回目入札 ○榎田 大樹(入団)       単独指名

2012年
1回目入札 ○藤浪 晋太郎(入団)     4球団競合(阪神、ヤクルト、オリックス、ロッテ)

2013年
1回目入札 ×大瀬 良大地(広島へ)    3球団競合(ヤクルト、広島、阪神)
2回目入札 ×柿田 裕太(横浜へ)     3球団競合(DeNA、阪神、日ハム)
3回目入札 ○岩貞 裕太(入団)       2球団競合(阪神、日ハム)

2014年
1回目入札 ×有原 航平(日ハムへ)    4球団競合(DeNA、広島、阪神、日ハム)
2回目入札 ×山崎 康晃(DeNAへ)     2球団競合(DeNA、阪神)
3回目入札 ○横山 雄哉(入団)       単独指名

2015年
1回目入札 ○高山 俊(入団)         2球団競合(ヤクルト、阪神)

阪神(全球団中7位) 
3勝5敗(勝率.375)
獲得選手:藤浪晋太郎、岩貞祐太、高山俊

東京ヤクルトスワローズ


真中満監督

ヤクルトの2010年からの抽選結果
2010年
1回目入札 ×斎藤 佑樹(日ハムへ)    4球団競合(ヤクルト、ソフトバンク、ロッテ、日ハム)
2回目入札 ×塩見 貴洋(楽天へ)      2球団競合(ヤクルト、楽天)
3回目入札 ○山田 哲人(入団)       単独指名

2011年
1回目入札 ×高橋 周平(中日へ)     3球団競合(ヤクルト、中日、オリックス)
2回目入札 ○川上 竜平(入団)       単独指名

2012年
1回目入札 ×藤浪 晋太郎(阪神へ)    4球団競合(ヤクルト、阪神、オリックス、ロッテ)
2回目入札 ○石山 泰稚(入団)       単独指名

2013年
1回目入札 ×大瀬良 大地(広島へ)    3球団競合(ヤクルト、阪神、広島)
2回目入札 ○杉浦 稔大(入団)       2球団競合(ヤクルト、ソフトバンク)

2014年
1回目入札 ×安楽 智大(楽天へ)      2球団競合(ヤクルト、楽天)
2回目入札 ○竹下 真吾(入団)       単独指名

2015年
1回目入札 ×高山 俊(阪神へ)       2球団競合(ヤクルト、阪神)
2回目入札 ○原 樹理(入団)         単独指名

ヤクルト(全球団中10位) 
2勝7敗(勝率.222)
獲得選手:山田哲人、杉浦稔大

北海道日本ハムファイターズ


栗山英樹監督

日ハムの2010年からの抽選結果
2010年
1回目入札 ○斎藤 佑樹(入団)      4球団競合(ヤクルト、ソフトバンク、ロッテ、日ハム)

2011年
1回目入札 ○菅野 智之(入団拒否)   2球団競合(巨人、日ハム)

2013年 
1回目入札 ×松井 祐樹(楽天へ)     4球団競合(中日、DeNA、ソフトバンク、日ハム)
2回目入札 ×柿田 裕太(横浜へ)     3球団競合(DeNA、阪神、日ハム)
3回目入札 ×岩貞 祐太(阪神へ)     2球団競合(阪神、日ハム)
4回目入札 ○渡邉 諒(日ハムに入団)  単独指名

2014年
1回目入札 ○有原 航平(日ハムに入団) 4球団競合(阪神、広島、DeNA、日ハム)

2015年
1回目入札 ×高橋 純平(ソフトバンクへ) 3球団競合(ソフトバンク、日ハム、中日)
2回目入札 ×小笠原 慎之介(中日へ)  2球団競合(中日、日ハム)
3回目入札 ○上原 健太(日ハムに入団) 単独指名

日本ハム(全球団中5位)
3勝4敗(勝率.429)
獲得選手:斎藤佑樹、有原航平 入団拒否:菅野智之

埼玉西武ライオンズ


渡辺久信シニアディレクター
編成トップの鈴木球団本部長は「あのプレッシャーに耐えられるのはSDしかいない」と明かした。
渡辺SDは「当たりの印象が強いと思うけど、俺は3勝3敗だから」と照れ笑いした。

西武の2010年からの抽選結果
2010年
1回目入札 ○大石 達也(入団)     6球団競合(阪神、広島、横浜、西武、オリックス、楽天)

2012年
1回目入札 ×東浜 巨(SBへ)      3球団競合(DeNA、ソフトバンク、西武)
2回目入札 ○増田 達至(入団)     2球団競合(広島、西武)

西武(全球団中2位) 
2勝1敗(勝率.667)
獲得選手:大石達也、増田達至

東北楽天ゴールデンイーグルス


立花陽三球団社長
立花球団社長は「今年は辞退させていただこうかと思いましたが、『勝率・750なので、お前が行け』と星野副会長と梨田監督に言われてしまいました」と意気込んだ。

楽天の2010年からの抽選結果
2010年
1回目入札 ×大石 達也(西武へ)     6球団競合(阪神、広島、横浜、西武、オリックス、楽天)
2回目入札 ○塩見 貴洋(入団)      2球団競合(ヤクルト、楽天)

2011年
1回目入札 ×藤岡 貴裕(ロッテへ)    3球団競合(横浜、楽天、ロッテ)
2回目入札 ○武藤 好貴(入団)       単独指名

2012年
1回目入札 ○森 雄大(入団)        2球団競合(広島、楽天)

2013年
1回目入札 ○松井 裕樹(入団)       5球団競合(中日、DeNA、楽天、ソフトバンク、日ハム)

2014年
1回目入札 ○安樂 智大(入団)       2球団競合(ヤクルト、楽天)

2015年
1回目入札 ×平沢 大河(ロッテへ)     2球団競合(ロッテ、楽天)
2回目入札 ○オコエ 瑠偉(入団)      単独指名

楽天(全球団中3位) 
4勝3敗(勝率.571)
獲得選手:塩見貴洋、森雄大、松井裕樹、安樂智大

オリックスバファローズ


福良淳一監督
「全員が嫌がってるみたいなので、そうなると思います」と渋々承諾した。
補強も行わず「内部で育成、教育していかないと強くはなれない」とコメント。

オリックスの2010年からの抽選結果
2010年
1回目入札 ×大石 達也(西武へ)     6球団競合(阪神、広島、横浜、西武、オリックス、楽天)
2回目入札 ×伊志嶺 翔太(ロッテへ)   2球団競合(ロッテ、オリックス)
3回目入札 ×山田 哲人(ヤクルトへ)   2球団競合(ヤクルト、オリックス)

2011年
1回目入札 ×高橋 周平(中日へ)     3球団競合(ヤクルト、中日、オリックス)
2回目入札 ○安達 了一(入団)      単独指名

2012年
1回目入札 ×藤浪 晋太郎(阪神へ)   4球団競合(阪神、ヤクルト、オリックス、ロッテ)
2回目入札 ×松永 昂大(ロッテへ)    2球団競合(オリックス、ロッテ)
3回目入札 ○松葉 貴大(入団)      単独指名

オリックス(全球団中最下位)
0勝6敗(勝率.000) 
獲得選手:なし

他6球団


不明

情報が分かり次第、更新します。


Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
2018年ドラフト候補・高校生投手最高球速ランキング Sep 25, 2017
山口 真太朗 投手(弘前アレッズ) 22歳 弘前学院聖愛高卒 2017年ドラフト候補 Sep 25, 2017
阪口 皓亮 投手(北海高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 24, 2017
粟津 凱士 投手(東日本国際大学) 3年 山本学園高卒 2018年ドラフト候補 Sep 23, 2017
牧 丈一郎 投手(啓新高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 23, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補