HOME   »  球団別ドラフト情報・全12球団   »  球団別ドラフト情報・日ハム編  »  北海道日本ハムファイターズ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想

北海道日本ハムファイターズ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想

ここでは北海道日本ハムファイターズの2018年ドラフトについての情報を掲載・紹介しています。
選手名をクリックすると、詳細な選手紹介ページに飛びます。

2017年ドラフト結果


指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
1位清宮 幸太郎内野手早稲田実業
2位西村 天裕

投手NTT東日本
3位田中 瑛斗投手柳ヶ浦高校
4位難波 侑平内野手創志学園高校
5位北浦 竜次投手白鷗大足利高校
6位鈴木 遼太郎投手東北学院大学
7位宮台 康平投手東京大学

育成ドラフト 指名なし

2018年ドラフト、リストアップ情報など


1位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
吉田 輝星投手金足農業高校右投げ右打ち176cm81kg
上茶谷 大河投手東洋大学右投げ右打ち180cm85kg
甲斐野 央投手東洋大学右投げ右打ち185cm75kg
梅津 晃大投手東洋大学右投げ右打ち187cm92kg
根尾 昂投手・内野手・外野手大阪桐蔭高校右投げ左打ち177cm75kg
藤原 恭大外野手大阪桐蔭高校左投げ左打ち181cm76kg

上位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
渡邉 勇太朗投手浦和学院高校右投げ右打ち190cm90kg

指名候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
清宮 虎多朗投手八千代松陰高校右投げ右打ち190cm84kg
大谷 拓海投手中央学院高校右投げ左打ち177cm69kg

全体の指名候補は2月の第2回スカウト会議では180人、6月の第3回スカウト会議では94人に絞り込んでいる。(94人の指名候補のうち北海道関連選手は5人とのこと)
9月の第4回スカウト会議では全体の指名候補を90人弱に絞り込んだ。(道内関係選手も数人含まれる)

日ハムのドラフト関連の記事


広島「投球うまく、有能投手」/吉田のプロ評と反応(日刊スポーツ) 18/10/11

日本ハム<来週絞り込み>大渕スカウト部長は6日に「変わらず高く評価している」と話すにとどめた。大阪桐蔭の根尾、藤原らも高く評価しており、来週中に行われるスカウト会議で大学・社会人の候補を含めて最終の絞り込みを行う予定。

出典 日刊スポーツ 「広島「投球うまく、有能投手」/吉田のプロ評と反応」 より


【パ6球団 輝星の評価は?】西武「2位までには残らない」(スポニチ) 18/10/11

☆日本ハム 今月中旬に予定するスカウト会議で絞り込みを行う予定で、金足農・吉田も1位候補としている。その年のNo・1評価の選手を指名する球団方針。大阪桐蔭の根尾、藤原ら複数の候補の中から最終的に1位を決定する。

出典 スポニチ 「【パ6球団 輝星の評価は?】西武「2位までには残らない」」 より


浦学・渡辺 日本ハムが上位指名の可能性 投げ方そっくり“大谷2世”(スポニチ) 18/10/9

 日本ハムが今月25日に行われるドラフト会議で浦和学院・渡辺勇太朗投手(18)を上位指名する可能性があることが8日、分かった。1メートル90の長身から最速149キロを投げ込む姿は、球団OBでエンゼルスの大谷翔平投手(24)にそっくりと評判。高校日本代表にも選ばれた右腕が、将来性を買われて指名される可能性も浮上してきた。

 運命のドラフト会議まで16日。金足農・吉田に、大阪桐蔭・根尾、藤原、報徳学園・小園だけではない。渡辺が「BIG4」に負けない評価を得ている。大渕隆スカウト部長は「大谷クラスのスケール感。伸びしろが大きい」と昨季まで在籍したエースを引き合いに出して、その将来性を称賛した。

 ダルビッシュ(現カブス)、大谷を育成し、世界へと羽ばたかせた日本ハムのスカウト陣が目を付けた。1メートル90の長身から剛速球を投げ込む姿は、1メートル93の大谷とほぼ同じサイズ。柔らかく体を使うフォームも酷似している。

 今春まで右肩、右肘痛の故障に悩まされてきた渡辺自身も、大谷を参考に成長を遂げた。昨秋、身体構造を4タイプに分ける「4スタンス理論」を学び、体の使い方が憧れの右腕と同じと分かると、動画で徹底的に大谷の足の上げ方や体重移動など分析。フォームを模写してきた。

 今夏の甲子園は、二松学舎大付との3回戦で最速149キロをマークし、10三振を奪って完封を飾った。下級生の頃から担当の今成泰章スカウトが密着マークを続けてきた。大渕スカウト部長は「ケガもあったけど、甲子園ではしっかり投げられた」と不安視された体調面もクリアされたと見ている。

 球団のドラフト戦略はその年のNo・1選手を指名する。その伝統は変わらない。現時点で根尾、藤原、吉田らが1位候補に挙がっているとみられるが、いずれも競合必至。昨年7球団が競合した清宮を引き当てた木田優夫GM補佐が今年も抽選役を務めるが、展開次第では、渡辺が浮上する可能性も十分にある。

 今後のスカウト会議で最終的な絞り込みが行われるが、渡辺が最上位グループに位置づけされることは間違いない。

出典 スポニチ 「浦学・渡辺 日本ハムが上位指名の可能性 投げ方そっくり“大谷2世”」 より


5球団が金足農・吉田1位指名検討 DeNA球団幹部「すぐ上で通用する」(サンスポ) 18/10/6

 今夏の第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)の準優勝投手で、プロ志望届を提出する意向を固めた金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)について5日、DeNA、広島など複数のプロ球団が、今月25日のドラフト会議での1位指名を検討していることを公言した。中日を除く11球団が1位指名の候補リストに入れており、なかでも5球団が熱心とみられる。

出典 サンスポ 「5球団が金足農・吉田1位指名検討 DeNA球団幹部「すぐ上で通用する」」 より


NO・1は譲れない!日本ハム、金足農・吉田に特A(日刊スポーツ) 18/8/24

日本ハムが、平成最後の甲子園スターにロックオンした。23日、都内ホテルでスカウト会議を行い、第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農(秋田)のエース吉田輝星投手(3年)を、最高ランクである今秋ドラフト1位候補に格上げした。聖地での活躍を受け、大阪桐蔭の根尾昂内野手、藤原恭大外野手(ともに3年)らと並ぶ評価に急上昇。本人の希望進路を含め、球団は今後の動向も注視していく構えだ。

  ◇  ◇  ◇

日本ハムも、日本中を沸かせた秋田の怪腕にほれ込んだ。栗山監督も出席したスカウト会議を終え、報道陣に対応した大渕スカウト部長は吉田についての評価を問われて一瞬、間を取った。「一番、注目されている場面ですね」と笑いを誘った後、真剣な表情に変わった。「担当(スカウト)も非常に高い評価をしています。球団としても、僕個人も、非常に能力が高い選手だなと思います」。球団の総意として、ドラフト1位クラスの特A評価へ格上げした。

リストアップはされていた。担当の白井スカウトが足しげく金足農へ通い、吉田の視察を繰り返してきた。同スカウトも「以前は全て全力で投げていたが、今回の甲子園ではピンチでギアを上げるなど、投手としてのレベルも上がった」と評価。さらに「顔がいい。あれだけ注目されるのも、よく分かる」と闘志を前面に出す姿にも言及した。

北海道移転後の日本ハムは、人気と実力を兼ね備えた逸材を敢然と1位指名してきた歴史がある。04年ダルビッシュ、07年中田、10年斎藤、12年大谷、17年清宮。競合が予想されても「今年のNO・1選手を指名」という方針を曲げたことがない。高校野球ファンだけでなく、社会現象クラスの注目を集めた吉田も同じ系譜にいる。花巻東から“直メジャー”を目指していた大谷に対し、栗山監督の直接出馬など熱意と誠意で入団に導いた実績もある。

「巨人が好きです」「行きたいです」と、初々しく将来の夢を明かした吉田。現時点で、プロ志望届を提出するかなどの進路を表明していない。大谷が入団した当時も交渉役だった大渕スカウト部長は「プロという決断をするなら、我々は現在、高い評価をしている」とハッキリ言った。本人が結論を出すまで、マークを続けながら待つ。

出典 日刊スポーツ 「NO・1は譲れない!日本ハム、金足農・吉田に特A」 より


【日本ハム】スカウト部長、金足農・吉田輝星「高い評価をしている」(スポーツ報知) 18/8/24

 日本ハムは23日、都内でスカウト会議を行った。全体の候補を90人程度に絞り込んだが、順位付けは行わなかった。

 大渕スカウト部長は、金足農の150キロ右腕・吉田輝星(こうせい)投手(3年)について「非常に能力の高い選手。プロということを決断するならば、今現在で高い評価をしている」。大阪桐蔭の藤原恭大外野手と根尾昂内野手(ともに3年)も「高い評価をしている」とし、二刀流で注目される根尾については「(投打)両方で見ている」と説明した。

出典 スポーツ報知 「【日本ハム】スカウト部長、金足農・吉田輝星「高い評価をしている」」 より


日本ハム、金足農の吉田を高評価 ドラフトに向けたスカウト会議(北海道新聞) 18/8/23

 日本ハムは23日、今季4度目となるスカウト会議を東京都内で開いた。夏の甲子園大会を踏まえて指名候補選手を90人弱に絞り込んだ。道内関係選手も数人含まれる。次回は10月に開催し、同月25日のドラフト会議に臨む。

 大渕スカウト部長によると、選手の順位付けはせず、1位指名候補のリストアップは行わなかった。会議では甲子園で活躍した金足農高(秋田)の吉田輝星投手や、大阪桐蔭高の藤原恭大外野手らの評価が高かったという。大阪桐蔭高の根尾昂選手については、投手と打者の両面でさらに調査を進める。

出典 北海道新聞 「日本ハム、金足農の吉田を高評価 ドラフトに向けたスカウト会議」 より


指名候補を94人に絞る 日本ハムスカウト会議(北海道新聞) 18/6/11

 日本ハムは10日、東京都内のホテルで今季3度目のスカウト会議を開き、2月の第2回会議では180人をリストアップしていた指名候補選手を94人に絞り込んだ。このうち北海道関連選手は5人という。

 1位指名候補は投手を中心に12人。東洋大の上茶谷(かみちゃたに)大河、甲斐野央の両右腕らが含まれているという。選定については「まだまだ見極める時間がある」(大渕スカウト部長)として、引き続き検討を進める。

出典 北海道新聞 「指名候補を94人に絞る 日本ハムスカウト会議」 より


日本ハム 今秋ドラフト1位候補に東洋大の3投手ら12人リストアップ(スポニチ) 18/6/11

 日本ハムは10日、都内のホテルで今年3度目のスカウト会議を行い、今秋ドラフト候補94人をリストアップした。
 ドラフト1位候補には、いずれも東洋大の上茶谷大河投手、甲斐野央投手、梅津晃大投手(いずれも4年)ら12人を挙げた。
 大渕隆スカウト部長は「(ドラフト1位を)12人を並べてみた。ただ、まだまだ見極める時間はある」と話した。

出典 スポニチ 「日本ハム 今秋ドラフト1位候補に東洋大の3投手ら12人リストアップ
」 
より


日本ハムがスカウト会議 1位指名候補に東洋大の3投手ら(サンスポ) 18/6/11

 日本ハムは10日、東京都内でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向けて指名候補選手を94人、リストアップした。1位指名候補には東都大学リーグで3シーズン連続優勝を飾った東洋大の上茶谷、甲斐野、梅津の3投手が含まれているという。

出典 サンスポ 「日本ハムがスカウト会議 1位指名候補に東洋大の3投手ら」 より


大阪桐蔭・根尾ら ドラフト指名候補(北海道新聞) 18/2/21

 日本ハムは20日、名護市内のホテルで今季2度目のスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議の指名候補選手180人をリストアップした。北海道関連の11選手も含まれる。

 1位候補はいずれも大阪桐蔭高の根尾昂内野手や藤原恭大外野手ら15人程度の名前が挙がった。大渕隆スカウト部長は「昨年はいの一番に清宮の名前が挙がったが、今年はそういう感じではない」と印象を語った。

出典 北海道新聞 「大阪桐蔭・根尾ら ドラフト指名候補」 より


【日本ハム】今秋ドラフト候補に大谷と清宮をリストアップ!?(スポーツ報知) 18/2/21

 日本ハムが20日、沖縄・名護市内でスカウト会議を行い、今秋ドラフト候補に全体180人を挙げ、大谷&清宮をリストアップしたことが分かった。

 中央学院高(千葉)の最速145キロ右腕で高校通算23本塁打の大谷拓海投手(2年)と、八千代松蔭高(千葉)の190センチ右腕・清宮虎多朗投手(2年)だ。大谷は昨秋の関東大会を制し、春夏通じて甲子園初出場となる今春センバツでも注目される。清宮は昨秋ドラフト1位の清宮幸太郎と似た名前で、読み仮名が「せいみや・こたろう」。昨冬の千葉県選抜では剛腕に加え、左の強打者として右翼も担った。大渕スカウト部長は「投打二刀流の可能性を広げている。できれば、両方やれるように」と語った。

 大阪桐蔭高・根尾昂内野手、藤原恭大外野手(ともに2年)ら上位候補15人に加え、球団ゆかりのビッグネームにも熱い視線を注ぐ。

出典 スポーツ報知 「【日本ハム】今秋ドラフト候補に大谷と清宮をリストアップ!?」 より


日本ハム、ドラフト候補180人をリストアップ(サンスポ) 18/2/21

 日本ハムは20日、沖縄・名護市内で今年2度目のスカウト会議を開催。今秋のドラフト候補、180人をリストアップした。1位候補に大阪桐蔭高・根尾昂内野手(17)、藤原恭大外野手(17)ら15選手が入った。

出典 サンスポ 「日本ハム、ドラフト候補180人をリストアップ」 より


日本ハムがスカウト会議 大阪桐蔭高・根尾ら上位指名候補(北海道新聞) 18/2/20

 日本ハムは20日、沖縄県名護市内でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向け約180人をリストアップし、強打の内野手ながら投手も務める大阪桐蔭高の根尾ら15人程度を上位指名候補として確認した。

 根尾は米大リーグ、エンゼルスに移籍した大谷に続く投打の「二刀流」ができる選手として期待されている。大渕スカウト部長は「可能性を広げて見ている。できれば両方をやれれば」と話した。

出典 北海道新聞 「日本ハムがスカウト会議 大阪桐蔭高・根尾ら上位指名候補」 より


日本ハムスカウト会議 上位候補に“二刀流”大阪桐蔭・根尾ら(サンスポ) 18/2/20

 日本ハムは20日、沖縄県名護市内でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向け約180人をリストアップし、強打の内野手ながら投手も務める大阪桐蔭高の根尾ら15人程度を上位指名候補として確認した。

 根尾は米大リーグ、エンゼルスに移籍した大谷に続く投打の「二刀流」ができる選手として期待されている。大渕スカウト部長は「可能性を広げて見ている。できれば両方をやれれば」と話した。

出典 サンスポ 「日本ハムスカウト会議 上位候補に“二刀流”大阪桐蔭・根尾ら」 より


Neo二刀流は大阪桐蔭・根尾!日本ハムが大谷の後継としてリストアップ(サンスポ) 17/12/30

日本ハムが来年のドラフト候補として大阪桐蔭高・根尾昂(あきら)内野手(2年)をリストアップすることが29日、分かった。米大リーグ、エンゼルスに移籍する大谷翔平投手(23)に続く新・二刀流選手に熱視線が送られる。
 4番打者で投手、遊撃、外野をこなす逸材を、球団幹部は「打撃もいい、投手としてもいい、フィールディングもいい。うちとしては全ての可能性を考えていきたい」と評価。11月の明治神宮大会から木田GM補佐らが視察を始めている。
 根尾は飛騨高山ボーイズ時代から最速146キロを計測するなど“スーパー中学生”として注目を集め、高校でも1年夏からベンチ入り。中2の冬にはスキーのアルペン競技、スラロームで全国大会に優勝し、世界大会にも出場と豊かな才能を示している。
 「野性味あふれるし、打撃は魅力的。もちろん、見ていきます」と大渕スカウト部長。ダルビッシュ、中田、大谷、清宮に続く高卒スター候補は、1月8日のスカウト会議でリストアップされる予定だ。

出典 サンスポ 「Neo二刀流は大阪桐蔭・根尾!日本ハムが大谷の後継としてリストアップ」 より

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
日本プロ野球全12球団 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
福岡ソフトバンクホークス 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
埼玉西武ライオンズ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
オリックスバファローズ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
読売巨人軍・読売ジャイアンツ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
検索フォーム
スポンサーリンク
おすすめの野球グッズ
プロフィール

booker

Author:booker
プロ・アマチュアを含め野球が大好きです。
高校野球では2009年夏の甲子園・日本文理対中京大中京戦が一番好きな試合。
プロ野球では日ハムファンです。
12球団のドラフト情報を掲載・紹介していきます。
リクエストや要望はコメントでお願いします。
Twitter始めました。@bookerbaseball1
要望・依頼があればyakyuzukidraft@gmail.comまで

スポンサーリンク
オンラインカウンター
RSS
follow us in feedly
フリーエリア
リンク
Twitter始めました。(気軽にフォローしてください)
フリーエリア