HOME   »  球団別ドラフト情報・全12球団   »  球団別ドラフト情報・ソフトバンク編  »  福岡ソフトバンクホークス 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想

福岡ソフトバンクホークス 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想

ここでは福岡ソフトバンクホークスの2018年ドラフトについての情報を掲載・紹介しています。
選手名をクリックすると、詳細な選手紹介ページに飛びます。

2017年ドラフト結果


指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
1位吉住 晴斗投手鶴岡東高校
2位高橋 礼

投手専修大学
3位増田 珠外野手横浜高校
4位椎野 新投手国士館大学
5位田浦 文丸投手秀岳館高校

育成ドラフト 
指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
育成1位尾形 崇斗投手学法石川高校
育成2位周東 佑京

内野手東農大北海道オホーツク
育成3位砂川 リチャード内野手沖縄尚学高校
育成4位大竹 耕太郎投手早稲田大学
育成5位日暮 矢麻人外野手立花学園高校
育成6位渡邉 雄大投手BC・新潟アルビレックス

2018年ドラフト、リストアップ情報など


1位明言

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
小園 海斗内野手報徳学園高校右投げ左打ち178cm73kg

外れ1位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
上茶谷 大河投手東洋大学右投げ右打ち180cm85kg
甲斐野 央投手東洋大学右投げ右打ち185cm75kg
梅津 晃大投手東洋大学右投げ右打ち187cm92kg
東妻 勇輔投手日本体育大学右投げ右打ち170cm83kg

1位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
吉田 輝星投手金足農業高校右投げ右打ち176cm81kg
太田 椋内野手天理高校右投げ右打ち181cm73kg

上位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
高橋 拓巳投手日本生命左投げ左打ち176cm75kg
荒西 祐大投手Honda熊本右投げ右打ち178cm80kg

指名候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
頓宮 裕真捕手亜細亜大学右投げ右打ち183cm97kg
野村 大樹内野手早稲田実業高校右投げ右打ち172cm71kg
林 晃汰内野手智辯和歌山高校右投げ左打ち180cm84kg
万波 中正外野手横浜高校右投げ右打ち190cm89kg

ソフトバンクのドラフト関連の記事


王会長「とにかく今年は小園」 ソフトバンクが1位指名を公表(西日本スポーツ) 18/10/24

 ソフトバンクは、25日のドラフト会議で報徳学園高の小園海斗内野手を1位指名することを公表した。

 ドラフト前日の24日、東京都内のホテルで編成会議を行い、王球団会長が「もうとにかく今年は小園選手でいくということですね。スカウトの評価がすごく高いし、運動能力もあり、守備がうまいし、肩もいい、バッティングもいいということで」と話した。

 小園は走攻守三拍子そろった右投げ左打ちの遊撃手で、報徳学園高で1年春からベンチ入り。今夏の甲子園では初戦の聖光学院戦で、大会タイ記録の1試合3二塁打を放つなど8強入りに貢献した。9月には高校日本代表としてU18アジア選手権に出場した。

 王会長は「単独にはならんだろうから、そこはね。(工藤)監督に(抽選を)ガッと頑張ってもらって」と期待を寄せた。

出典 西日本スポーツ 「王会長「とにかく今年は小園」 ソフトバンクが1位指名を公表」 より


ソフトバンク、ポスト松田宣浩に早実68発野村(日刊スポーツ) 18/10/23

25日に運命のドラフト会議が行われる。

ソフトバンクがポスト松田宣として早実・野村大樹内野手(3年)をリストアップしていることが22日、分かった。1年時から、1学年上の日本ハム清宮と中軸を打ってきた。高校通算68発の右の大砲は、35歳松田宣の後継者としてふさわしい。今夏は西東京大会4回戦で敗退も2打席連続本塁打を放った。球団には早実OBの王球団会長もいる。柳田や上林に指導したように、野村もさらに長距離砲として磨きをかけられる環境だ。

出典 日刊スポーツ 「ソフトバンク、ポスト松田宣浩に早実68発野村」 より


ソフトBドラフト上位で即戦力投手指名も 侍ジャパン社会人代表、左右の148キロ腕(西日本スポーツ) 18/10/12

 福岡ソフトバンクが、今秋ドラフトの上位候補として、日本生命の高橋拓巳投手(24)とホンダ熊本の荒西祐大投手(26)をリストアップしていることが、分かった。両投手は今夏、社会人で編成された日本代表のメンバーとしてジャカルタ・アジア大会に出場。チームは主力野手の高齢化が進んでおり、将来を見据えて今年の1位指名は好素材も多い野手が有力とみられる一方で、リーグ連覇を逃したことから即戦力投手の獲得も目指す。

 下克上での日本一へ向かいナインが爪を研ぐ中、球団は来季以降へ向けた準備を念入りに進めている。ドラフト会議を25日に控え、球団は近日中にスカウト会議を開催予定。11日は編成幹部らが工藤監督にドラフトへ向けた進行状況の報告などを行った。ここから当日までの約2週間で絞り込みが行われていくが、現時点で上位候補の中に即戦力の社会人2投手がリストアップされているもようだ。

 球団は今夏、ジャカルタ・アジア大会に複数のスカウトを派遣。そこで評価が高まったのが左腕の高橋だ。日本生命では社会人1年目の昨年から主力として活躍。最速148キロの直球を主体に、打者の内角を臆することなく攻められる。

 チームは今季、ベテラン和田の故障もあり、開幕から88試合目まですべて右投手が先発。育成出身ルーキー大竹の支配下登録と、新外国人ミランダの緊急補強により、夏場以降はバランスが多少修正されたが、救援陣を含めても「左投手不足」は否めない。今季に限らず近年の重要な補強ポイントの一つでもあるだけに、上位での指名に踏み切ってもおかしくない。

 また、高橋と同等に高く評価しているのが、地元九州出身の荒西だ。玉名工高からホンダ熊本へ進んだ右腕は最速148キロを誇るサイドスロー。アジア大会では台湾との準決勝で2番手として3回1/3を投げ、1安打無失点と好投した。速球派の横手投げは現在のチームにはいないタイプだけに先発、中継ぎにかかわらず戦力となる可能性も高い。

 今秋ドラフトは、特に高校生野手に逸材が多くそろう。甲子園で史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭高の二刀流・根尾に対しては、中日が早くも1位指名を公表。巨人、楽天なども筆頭候補に挙げているとみられる。他にも同校の藤原、報徳学園高の小園なども各球団が高評価。昨季まで7年連続で投手を1位指名し、主力野手の高齢化が進む中、次世代のレギュラー候補が思うように育っているとは言えないホークスも、現時点では野手の1位指名が有力とみられる。

 その一方で、今夏の甲子園を沸かせた金足農高の吉田がプロ志望届を提出した10日、三笠球団統括本部長が「(吉田は)1位レベルの評価」と話したように、投手力の底上げも毎年の重要な課題だ。球団は今後のスカウト会議や他球団の動向も踏まえ、例年通りドラフト当日に指名選手を最終決定する方針。2年ぶりにVを逃したチームのドラフト戦略に注目が集まる。

補強ポイントの「左」

 高橋拓巳(たかはし・たくみ)1994年6月20日生まれ。群馬県沼田市出身。群馬・前橋育英高では2年春に甲子園出場。桐蔭横浜大を経て、日本生命入り。昨年の日本選手権では3勝をマークするなどし、チームの準優勝に貢献した。今年の都市対抗には補強選手として大阪ガスから出場。今夏に開催されたアジア大会の日本代表にも選出された。176センチ、75キロ。左投げ、左打ち。

速球派サイドスロー

 荒西祐大(あらにし・ゆうだい)1992年8月25日生まれ。熊本県玉名市出身。熊本・玉名工高時代は甲子園出場はなく、3年夏は県大会4回戦で敗退。卒業後にホンダ熊本に入社し、2014年の都市対抗野球では、自己最速148キロをマークした。日本代表に選出された今夏のアジア大会では、6試合中4試合に投げ、銀メダルに貢献した。178センチ、80キロ。右投げ右打ち。

出典 西日本スポーツ 「ソフトBドラフト上位で即戦力投手指名も 侍ジャパン社会人代表、左右の148キロ腕」 より


ソフトバンク、ドラフト上位候補に日本生命・高橋らリストアップ(デイリースポーツ) 18/10/12

 ソフトバンクが、今秋ドラフトの上位候補として、日本生命の高橋拓巳投手(24)とホンダ熊本の荒西祐大投手(26)をリストアップしていることが11日、分かった。

 両投手は今夏、社会人で編成された日本代表としてジャカルタ・アジア大会に出場。主力野手の高齢化が進んでおり、将来を見据えて1位指名は野手が有力とみられる一方で、リーグ連覇を逃したことから即戦力投手の獲得も目指す。球団は近日中にスカウト会議を開催予定。この日は編成幹部らが工藤監督に、ドラフト会議へ向けた進行状況の報告を行った。

出典 デイリースポーツ 「ソフトバンク、ドラフト上位候補に日本生命・高橋らリストアップ」 より


広島「投球うまく、有能投手」/吉田のプロ評と反応(日刊スポーツ) 18/10/11

ソフトバンク<志望届喜ぶ>プロ志望届提出について、三笠球団統括本部本部長は「プロ野球に関わる人間としてはうれしい。1位レベルの評価。球団で話し合います」。大阪桐蔭・根尾らを含め1位候補とした。

出典 日刊スポーツ 「広島「投球うまく、有能投手」/吉田のプロ評と反応」 より


【パ6球団 輝星の評価は?】西武「2位までには残らない」(スポニチ) 18/10/11

☆ソフトバンク 三笠杉彦球団統括本部長は金足農・吉田について「1位レベルの評価」と話したが、1位指名は即戦力投手か将来性のある野手が有力。東洋大の甲斐野、上茶谷、梅津と大阪桐蔭・根尾がリスト最上位とみられる。

出典 スポニチ 「【パ6球団 輝星の評価は?】西武「2位までには残らない」」 より


5球団が金足農・吉田1位指名検討 DeNA球団幹部「すぐ上で通用する」(サンスポ) 18/10/6

 今夏の第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)の準優勝投手で、プロ志望届を提出する意向を固めた金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)について5日、DeNA、広島など複数のプロ球団が、今月25日のドラフト会議での1位指名を検討していることを公言した。中日を除く11球団が1位指名の候補リストに入れており、なかでも5球団が熱心とみられる。

出典 サンスポ 「5球団が金足農・吉田1位指名検討 DeNA球団幹部「すぐ上で通用する」」 より


ソフトB今秋ドラ1候補 大阪桐蔭・根尾、報徳学園・小園、天理・太田 今宮の後継(西日本スポーツ) 18/1/4

「ポスト今宮」トリオを密着マーク! 福岡ソフトバンクが今秋のドラフト1位指名候補として、大阪桐蔭の根尾昂、兵庫・報徳学園の小園海斗、奈良・天理の太田椋と3人の高校生内野手(いずれも2年)をリストアップしていることが3日、分かった。他球団も最上位指名候補として注目する根尾は投手、遊撃、外野をこなす逸材。小園、太田もセンスあふれる遊撃手だ。豊作といわれる今秋へ向け、球団は次世代の内野の要となり得る「近畿三羽がらす」に注視していく。
■川崎から続く系譜
 「怪物」の清宮幸太郎(東京・早実高-日本ハム)一人に注目が集まった昨秋とは一変、今秋のドラフトは全世代で豊作といわれる。中でも、2000年度生まれの「ミレニアム世代」と呼ばれる高校生は逸材ぞろい。好投手もひしめくが、王者ホークスはいずれも近畿の強豪校で中心を担う野手3人を狙う。
 その中でも筆頭となるのが、根尾だ。中学硬式の「飛騨高山ボーイズ」時代から投げては最速146キロをマークするなどスーパー中学生と注目されて大阪桐蔭へ入学。超強豪校で1年夏からベンチ入りすると、新チームでは4番を務めている。中学時代は野球だけでなくスキーのアルペン競技、スラロームでも全国大会で優勝。抜群の身体能力を誇り、高校入学後は投手、遊撃手、外野手とあらゆるポジションでそのセンスを見せつけている。
 投手としての能力も高いが、ホークスは左打席から繰り出す打撃力と高い守備力を評価し、遊撃手として注目している。その根尾と並び、球界関係者が「センスの塊」と評するのが報徳学園の小園だ。根尾と同じ左打者で、昨春の選抜大会では4試合で打率5割(18打数9安打)、1本塁打。2年生ながらU-18(18歳以下)ワールドカップにも出場した。2選手ほど注目度は高くないものの右打ちの遊撃手、天理の太田にも熱視線を送る。強豪校で1年夏から遊撃のレギュラーを務める太田を含めた「近畿三羽がらす」に対する密着マークを続けていく。
 早い段階から高校生野手を1位候補としてリストアップする背景には、チームの根幹といえるセンターラインを長期的に揺るぎないものにしたいという考えがある。球団は09年秋のドラフトで6球団が競合した菊池雄星(岩手・花巻東高-西武)の指名を回避し、大分・明豊高で甲子園に出場した今宮の「一本釣り」に成功。当時不動の遊撃手だった川崎が10年に国内フリーエージェント(FA)、11年には海外FA権を取得見込みだったことも見据え、次世代の内野の要と踏んでの指名だった。その今宮は12年にレギュラーに定着。いまやチームに絶対不可欠な存在となっている。
 その今宮も順調なら19年に国内FA、20年には海外FA権を取得する。九州出身でチームに愛着を持っているとはいえ、次世代の内野の要を獲得しておくことは、常勝軍団を目指す球団にとって自然な流れだ。11年ドラフトから7年連続で投手を1位で獲得しているが、将来を見据えて今秋のドラフトでは「シフトチェンジ」することになりそうだ。
=2018/01/04付 西日本スポーツ=

出典 西日本スポーツ 「ソフトB今秋ドラ1候補 大阪桐蔭・根尾、報徳学園・小園、天理・太田 今宮の後継」 より

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
日本プロ野球全12球団 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Nov 28, 2018
福岡ソフトバンクホークス 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
埼玉西武ライオンズ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
オリックスバファローズ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
読売巨人軍・読売ジャイアンツ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想 Oct 25, 2018
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
検索フォーム
スポンサーリンク
おすすめの野球グッズ
プロフィール

booker

Author:booker
プロ・アマチュアを含め野球が大好きです。
高校野球では2009年夏の甲子園・日本文理対中京大中京戦が一番好きな試合。
プロ野球では日ハムファンです。
12球団のドラフト情報を掲載・紹介していきます。
リクエストや要望はコメントでお願いします。
Twitter始めました。@bookerbaseball1
要望・依頼があればyakyuzukidraft@gmail.comまで

スポンサーリンク
オンラインカウンター
RSS
follow us in feedly
フリーエリア
リンク
Twitter始めました。(気軽にフォローしてください)
フリーエリア