HOME   »  球団別ドラフト情報・全12球団   »  球団別ドラフト情報・オリックス編  »  オリックスバファローズ 2016年ドラフト・リストアップ情報・予想

オリックスバファローズ 2016年ドラフト・リストアップ情報・予想

ここではオリックスバファローズの2016年ドラフトについての情報を掲載・紹介しています。
選手名をクリックすると、詳細な選手紹介ページに飛びます。

※(高)は高校のことで、大学・社会人と区別をつけるためにつけています。

2015年ドラフト指名結果


指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
1位吉田 正尚外野手青山学院大学
2位近藤 大亮

投手パナソニック
3位大城 滉二内野手立教大学
4位青山 大紀投手トヨタ自動車
5位吉田 凌投手東海大相模(高)
6位佐藤 世那投手仙台育英(高)
7位鈴木 昂平内野手三菱重工名古屋
8位角屋 龍太投手ジェイプロジェクト
9位赤間 謙投手鷺宮製作所
10位杉本 裕太郎外野手JR西日本

育成ドラフト 
指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
育成ドラフト1位塚田 貴之投手白鴎大学
育成ドラフト2位赤松 幸輔

捕手香川オリーブガイナーズ


2016年ドラフト、リストアップ情報など


1位候補(最有力)
氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
山岡 泰輔 投手 東京ガス右投げ左打ち170cm65kg最速152キロのストレートを武器に、
高い投球術をもつ即戦力右腕。

1位候補
氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
田中 正義 投手 創価大学右投げ右打ち186cm90kg1位競合必至の右腕。
最速156キロのストレートで打者を封じ込む。
佐々木 千隼 投手 桜美林大学右投げ右打ち181cm83kg低めに決まる最速153キロの直球が持ち味。
この1年で評価が急上昇、ドラフト1位候補に。
柳 裕也 投手 明治大学右投げ右打ち180cm83kg社会人を含めてもトップクラスの制球力。
最速150キロのストレートと
110キロ前後のカーブで的を絞らせない。

過去に名前が挙がった1位候補
氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
今井 達也 投手 作新学院(高)右投げ右打ち180cm72kg16夏の甲子園で自己最速となる152キロを
計測し、夏の甲子園優勝を果たした。
藤平 尚真 投手 横浜(高)右投げ右打ち185cm83kg最速152キロの直球から
スライダー、フォークで打者を翻弄する。
寺島 成輝 投手 履正社(高)左投げ左打ち183cm86kg150キロのストレートとスライダーが中心。
完成度が高く、即戦力としても期待が高まる。
高橋 昂也 投手 花咲徳栄(高)左投げ左打ち181cm83kg最速152キロの直球と多彩な変化球が持ち味。
16夏県大会では37イニング無失点を記録した。

上の8人を含めた10人が1位候補に入っているということです。
瀬戸山球団本部長は「8人から10人を取りたい。主に投手。福良監督からも即戦力をほしいという要望は聞いていますので」と説明している。

福良監督は「3月何日から投げられるか、をスカウトに聞きたい。6月とか7月には、と言われてもね。ケガがあるから少しゆっくりして、なんて言われても困るから」と即戦力投手を要望し、田中、佐々木、柳に絞られたかと見られる。

瀬戸山球団本部長は「いろいろな議論をした。ことしは人材が豊富。複数名の名前が出た」
3時間の会議でも結論は出ず、当日の最終会議で決定することに。

上位候補
氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
大山 悠輔 内野手 白鴎大学右投げ右打ち182cm78kg大学代表の4番を務めた強打者。
16春には最多本塁打、最多打点を獲得。

球団首脳は「吉田のような大学の各リーグを代表するような野手は何人も欲しい」とコメント。

指名候補
氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
張 奕 外野手 日本経済大学右投げ右打ち182cm78kg現日ハム・陽岱鋼の従兄。
走・攻・守三拍子揃ったオールラウンダー。
松尾 大河 内野手 秀岳館(高)右投げ右打ち174cm73kg甲子園では4割超えの高打率。
俊足攻守に持ち前の器用さが高評価。
飯田 大祐 捕手 Honda鈴鹿右投げ右打ち181cm83kg二塁送球1.8秒の強肩捕手。
打撃面は芳しくないが、守備面が非常に高い評価。
中尾 輝 投手 名古屋経済大学左投げ左打ち179cm83kg愛知二部リーグに所属している注目投手。
左からの151キロと先発能力が高く評価。

松尾選手について、「他球団との兼ね合いもあるが上位指名もあり得る」とコメント。

オリックスのドラフト関連の記事


オリ 3時間会議、即戦力投手4人に絞る 1位指名は山岡有力(スポニチ) 16/10/19

 オリックスは3時間の会議で即戦力投手4人に絞ったものの結論が出ず、当日に最終会議を行うこととなった。瀬戸山球団本部長は「いろいろな議論をした。ことしは人材が豊富。複数名の名前が出た」と話した。
 創価大の田中桜美林大の佐々木千明大の柳、東京ガスの山岡が挙がったもよう。福良監督は「来年が勝負。来年4月から投げられる投手じゃないと」と1年目の開幕から活躍できる投手の獲得を希望しており、1位指名は山岡が有力とみられる。

出典 スポニチ 「オリ ドラ1候補は創価大・田中か桜美林大・佐々木千?」 より


オリ ドラ1候補は創価大・田中か桜美林大・佐々木千?(スポニチ) 16/10/18

 オリックスの福良監督が、20日に迫ったドラフト会議の1位指名で、文字通りの「即戦力投手」を希望した。
 『1年目から通用する』が、即戦力のうたい文句ではあるが、福良監督は「3月何日から投げられるか、をスカウトに聞きたい。6月とか7月には、と言われてもね。ケガがあるから少しゆっくりして、なんて言われても困るから」と、開幕ローテーション候補に入れることを指名条件に挙げた。
 チームは4年ぶりの最下位低迷。特に先発投手陣の駒不足が響いただけに、現場の指揮官としては譲れない条件だ。これまでのスカウト会議では、現状の1位候補として創価大・田中桜美林大・佐々木の二者択一までしぼられた感はある。ただ、右肩違和感からの復帰となった田中に関しては、球団内でも「評価が難しい」との意見が出ており、19日の前日会議まで結論を引っ張る可能性が高そうだ。

出典 スポニチ 「オリ ドラ1候補は創価大・田中か桜美林大・佐々木千?」 より


【オリックス】白鴎大・大山をドラフト上位指名へ 右の強打者、三塁の守備にも定評(スポーツ報知) 16/10/18

 オリックスが20日のドラフト上位候補として、大学日本代表4番を務めた白鴎大・大山悠輔内野手(21をリストアップしていることが17日、分かった。大山は力強いスイングが持ち味の右の強打者。三塁の守備にも定評がある。全国大会出場の経験はないが、打撃力を買われて、今年7月の日米大学野球に選出され、全5試合で4番を任された。
 昨年のドラフトでは、同じく大学ジャパンの4番だった青学大・吉田正を1位で指名。腰痛などで63試合の出場にとどまったが、打率2割9分、10本塁打、34打点をマークした。球団首脳は「吉田のような大学の各リーグを代表するような野手は何人も欲しい」と説明した。大山獲得に成功すれば、近い将来の強力クリーンアップが期待できる。1位指名は創価大・田中明大・柳桜美林大・佐々木の即戦力投手3人に絞り込んでいるが、野手では大山をトップで評価している。

出典 スポニチ 【オリックス】白鴎大・大山をドラフト上位指名へ 右の強打者、三塁の守備にも定評」 より





Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
2017年ドラフト指名有力候補への各球団からの調査書の数ランキング(奈良学園大・宮本、村上など3選手掲載) Sep 21, 2017
比屋根 彰人 投手兼内野手(飛龍高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 17, 2017
古川 信之介 投手(専大松戸高校) 2年 2018年ドラフト候補 Sep 16, 2017
翁田 大勢 投手(西脇工業高校) 3年 2017年ドラフト候補 Sep 16, 2017
田嶋 大樹 投手(JR東日本) 21歳 佐野日大高卒 2017年ドラフト候補 Sep 16, 2017
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
スポンサーリンク
検索フォーム
2017ドラフト有力候補