HOME   »  球団別ドラフト情報・全12球団   »  球団別ドラフト情報・巨人編  »  読売巨人軍・読売ジャイアンツ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想

読売巨人軍・読売ジャイアンツ 2018年ドラフト・リストアップ情報・予想

ここでは読売ジャイアンツの2017年ドラフトについての情報を掲載・紹介しています。
選手名をクリックすると、詳細な選手紹介ページに飛びます。

2017年ドラフト結果


指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
1位鍬原 拓也投手中央大学
2位岸田 行倫

捕手大阪ガス
3位大城 卓三捕手NTT西日本
4位北村 拓己内野手亜細亜大学
5位田中 俊太内野手日立製作所
6位若林 晃弘内野手JX-ENEOS
7位村上 海斗

外野手奈良学園大学
8位湯浅 大内野手健大高崎高校

育成ドラフト 
指名順位氏名ポジション学校名・チーム名
育成1位比嘉 賢伸内野手盛岡大付属高校
育成2位山上 信吾

投手常磐高校
育成3位笠井 駿外野手東北福祉大学
育成4位田中 優大投手羽黒高校
育成5位広畑 塁捕手立正大学
育成6位小山 翔平捕手関西大学
育成7位折下 光輝内野手新野高校
育成8位荒井 颯太外野手関根学園高校

2018年ドラフト、リストアップ情報など


1位最有力候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
吉田 輝星投手金足農業高校右投げ右打ち176cm81kg

1位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
根尾 昂投手・内野手・外野手大阪桐蔭高校右投げ左打ち177㎝75㎏
渡邉 勇太朗投手浦和学院高校右投げ右打ち190cm90kg

上位候補

氏名ポジション学校・チーム名投法・打法身長・体重短評
上茶谷 大河投手東洋大学右投げ右打ち180㎝85㎏
梅津 晃大投手東洋大学右投げ右打ち187㎝92㎏
小園 海斗内野手報徳学園高校右投げ左打ち178㎝73㎏
藤原 恭大外野手大阪桐蔭高校左投げ左打ち181㎝76㎏
万波 中正外野手横浜高校右投げ右打ち190cm89kg
近本 光司外野手大阪ガス左投げ左打ち170cm70kg

岡崎スカウト部長はドラフトについての補強戦略について「去年は投手が1人、野手が7人。その前年は野手が1人、あとは投手。2年で何とかバランスが取れた。今年は半々ぐらいになるのでは。(昨年、育成含め3人指名した)捕手はいらないかも」とコメント。

巨人のドラフト関連の記事


【巨人】吉田輝星、ドラ1最有力!桑田、松井級の甲子園スター欲しい!!(スポーツ報知) 18/8/31

 巨人が今秋ドラフト1位の最有力候補に金足農(秋田)の150キロ右腕・吉田輝星投手(17)をリストアップしたことが30日、分かった。この日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行い、極上と評される直球の質だけでなく、変化球の伸びしろも十分で即戦力級と評価された模様だ。何より甲子園で見せたスター性は巨人が一番求める部分。吉田本人は進路を熟慮中の段階で、今後の動向を見守ることになるが、プロ志望届を提出した際には一気に加速する可能性もある。

 巨人が真夏に輝いたスターに白羽の矢を立てた。今秋ドラフト1位の最有力候補に金足農・吉田が浮上したことが分かった。この日、球団事務所で行われたスカウト会議では、進学、就職予定者の情報共有を含めて「甲子園の総括もやりました」と岡崎スカウト部長は説明。関係者によると、最速150キロを誇るみちのくの剛腕がリストの最上位に名を連ねた模様だ。

 公立校ながら、横浜や日大三などの名門校を次々に撃破。秋田県勢103年ぶりの決勝進出を果たした原動力となった。秋田大会初戦から決勝まで、全11試合で10完投を含む計1517球を投げた剛腕。試合終盤でも150キロに迫る直球で相手をねじ伏せる姿は見る者の感動を呼び、一大旋風を巻き起こした。巨人は開幕からローテを守り通している先発投手は菅野のみとあって、今オフの最大の補強ポイントはローテの柱となりうる投手。高校生離れしたスタミナを誇る吉田は、まさにそれに合致する。

 「もう最初から高かった」と岡崎スカウト部長に言わしめた評価は、夏を経て確固たるものとなった。7月30日に行われた会議後には、吉田について「(実際に)見たことがないので楽しみにしています」と期待していた岡崎部長だったが、自分の目でチェックして「いい投手だと思いました。球の質もいいし、一番は投げるスタミナがあるなという感想ですね」と改めてほれ込んだ様子。吉田は9月3日から宮崎で行われる「第12回U18アジア野球選手権」に高校日本代表として出場するが、複数人のスカウトを派遣し、徹底マークしていく方針も明かした。

 “相思相愛”の間柄でもある。甲子園を終えて秋田に凱旋した際、吉田は好きな球団に「巨人」を挙げ、「行きたい?」との問いに「はい、行きたいです」と素直な憧れを口にしている。即戦力級の実力は当然として、甲子園という大舞台で証明したスター性も大きな魅力。巨人はかつて、投手なら桑田真澄、打者なら松井秀喜といった甲子園のスーパースターが中心にいた。その系譜を継ぐ者として動向を注視していく。

 甲子園前には八戸学院大への進学が有力視されていた。U18アジア野球選手権後に両親らと相談し、最終判断する見通しだというが、岡崎スカウト部長は「僕たちはプロ志望届を出した人しか指名できない。それが締め切られた時点で、誰を指名できるかが決まるので」と推移を見守る。大阪桐蔭の二刀流・根尾や浦和学院の“大谷2世”こと渡辺らも1位候補に含まれている模様だが、吉田がプロ志望を表明すれば一気に加速する可能性もある。

 ◆吉田 輝星(よしだ・こうせい)2001年1月12日、秋田市生まれ。17歳。小3から野球を始める。高校では1年夏にベンチ入りし、同秋からエース。昨夏の秋田大会準優勝で、今春は県大会優勝、東北大会8強。今夏は秋田大会から甲子園準決勝まで10試合連続完投勝ち。決勝で大阪桐蔭に敗れたが、準優勝は秋田勢103年ぶりで大会通算62奪三振は歴代6位。球種はカットボール、カーブ、スライダー、ツーシーム、チェンジアップ。176センチ、81キロ。右投右打。家族は両親、弟。

出典 スポーツ報知 「【巨人】吉田輝星、ドラ1最有力!桑田、松井級の甲子園スター欲しい!!」 より


巨人 大阪ガス近本に高評価 走攻守そろった外野手 スカウト会議(スポニチ) 18/7/31

 巨人は30日、都内の球団事務所でスカウト会議を行い、上位指名候補として大阪ガス・近本光司外野手(24)の評価が急上昇した。

 走攻守がそろった左投げ左打ちで、今夏の都市対抗で初優勝に導き、橋戸賞(最優秀選手)と首位打者にも輝いた。岡崎郁スカウト部長は「足も速くて、打撃もいいね」と高評価。チームの外野手事情は亀井と長野を中心に、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)、重信らが日替わりで出場。レギュラーを狙える外野手は補強ポイントと合致する。都市対抗と高校野球が会議の中心となり、大阪桐蔭の二刀流・根尾昂内野手、藤原恭大外野手、報徳学園の小園海斗内野手(いずれも3年)らの名前も挙がった。

出典 スポニチ 「巨人 大阪ガス近本に高評価 走攻守そろった外野手 スカウト会議」 より


【巨人】スカウト会議、投打バランス良く指名の方針 甲子園出場選手に期待(スポーツ報知) 18/7/31

 巨人は30日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行った。7月に行われた都市対抗野球と高校野球地方大会を経ての社会人、高校生の評価報告に主眼が置かれ、高校生では大阪桐蔭の根尾昂内野手、藤原恭大外野手、報徳学園の小園海斗内野手、横浜の万波中正内野手(いずれも3年)らが上位候補リストに入った。

 岡崎スカウト部長は、リスト入りした上位候補がそろって甲子園に出場することとなり「また活躍すれば(評価は)さらに上がる可能性はある」と明言。大舞台でも自分のプレーを発揮する強じんな精神力を、本大会通じて見極めていくつもり。また投手では「金足農の吉田くんは(実際に)見たことがないので楽しみにしています」と話した。また、岡崎部長は今秋のドラフトで「例えば8人取るならば(投手と野手が)4人ずつとか、半々になる形かな」と投打をバランス良く指名する方針を明かした。

出典 スポーツ報知 「【巨人】スカウト会議、投打バランス良く指名の方針 甲子園出場選手に期待」 より


スカウトもいざ甲子園!報徳・小園や大阪桐蔭・藤原、根尾にG熱視線(サンスポ) 18/7/31

 巨人は30日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、高校生と、24日に閉幕した都市対抗野球大会に出場した社会人を中心に話し合った。8月5日からは第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)が開催される。岡崎郁スカウト部長(57)は今秋ドラフト会議の上位候補で大阪桐蔭高・根尾昂内野手、藤原恭大外野手(ともに3年)らを甲子園で注視する考えを明らかにした。

 全国の地方大会を勝ち抜いた高校球児が真夏の甲子園に集まる。8月5日開幕の第100回全国高校野球選手権大会。巨人・岡崎スカウト部長が、今秋のドラフト会議で上位候補となる球児の名前を挙げた。

 「高校生の野手なら根尾、藤原(ともに大阪桐蔭高)、小園(報徳学園高)。もともと小園はいい評価をしています。甲子園で活躍すれば、さらに評価が上がる可能性はあるよね。甲子園はそういう場所だから」

 大阪桐蔭高で投打に活躍する根尾や走攻守三拍子そろう左の強打者・藤原に加え、報徳学園高(兵庫)で37本塁打を放っている小園海斗遊撃手(3年)らが高校生トップレベルの評価だ。

 投手では金足農高(秋田)の最速150キロ右腕・吉田輝星投手(3年)の話題を報道陣から振られると、「彼も楽しみにしています」と岡崎部長。今季の巨人は若手の岡本が4番打者を務めるまでに成長し、吉川尚も奮闘。数年後を見据え、甲子園に出場する逸材を改めてチェックする。

 社会人では、大阪ガス・近本光司外野手(24)の評価が高い。今年の都市対抗野球大会でMVPにあたる橋戸賞を受賞した社会人2年目の外野手で「足も速くて打撃もいい」という。

 都市対抗が終了。次は熱闘が繰り広げられる甲子園で、球児の好プレーに熱視線を注ぐ。

出典 サンスポ 「スカウトもいざ甲子園!報徳・小園や大阪桐蔭・藤原、根尾にG熱視線」 より


巨人スカウト会議、大阪桐蔭・根尾ら「Aクラス」(日刊スポーツ) 18/7/31

 巨人が30日、都内の球団事務所でスカウト会議を行った。甲子園出場を決めた大阪桐蔭の根尾昂(あきら)内野手、藤原恭大外野手、報徳学園の小園海斗内野手(いずれも3年)らはAクラスとし、岡崎郁スカウト部長は「小園は甲子園に出ることになって、活躍すればさらに(評価が)上がる可能性はある。甲子園はそういう場所」と話した。

 また今夏の都市対抗野球で橋戸賞(大阪ガス)を獲得した近本光司外野手(23)を高評価した。

出典 日刊スポーツ 「巨人スカウト会議、大阪桐蔭・根尾ら「Aクラス」」 より


巨人、大阪桐蔭・根尾や大阪ガス近本らを上位候補に(日刊スポーツ) 18/7/30

 巨人は30日、東京都内でスカウト会議を開き、大阪桐蔭高の根尾や兵庫・報徳学園高の小園、東洋大の梅津、上茶谷、社会人の大阪ガスの近本らを上位指名候補にリストアップした。

 8月5日に全国高校野球選手権大会が開幕する。

 岡崎スカウト部長は高校生について「甲子園に出て活躍すればさらに(評価が)上がる可能性がある」と話した。

出典 日刊スポーツ 「巨人、大阪桐蔭・根尾や大阪ガス近本らを上位候補に」 より


巨人スカウト会議で大阪桐蔭・根尾らリストアップ(日刊スポーツ) 18/1/16

 巨人は15日、球団事務所で今秋のドラフトに向けたスカウト会議を行った。
 岡崎スカウト部長は「(昨年の)12月からリストは全く変わっていない。選手を見にいくのはこれから」と説明。現状では投手も兼ねる大阪桐蔭・根尾昂(あきら)内野手(2年)ら約180人がリスト入りしていることを明かした。
 次回の同会議は今春のセンバツ高校野球終了後に行われる。

出典 日刊スポーツ 「巨人スカウト会議で大阪桐蔭・根尾らリストアップ」 より

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
プロ志望届を提出、プロ志望を表明しているドラフト候補を紹介(高校生投手) Sep 20, 2018
羽田野 温生 投手(汎愛高校) Sep 20, 2018
野村 佑希 内野手(花咲徳栄高校) Sep 17, 2018
牧野 翔矢 捕手(遊学館高校) Sep 15, 2018
石橋 康太 捕手(関東第一高校) Sep 15, 2018
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
CategoricTag
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アンテナサイト
検索フォーム
スポンサーリンク
おすすめの野球グッズ
プロフィール

booker

Author:booker
プロ・アマチュアを含め野球が大好きです。
高校野球では2009年夏の甲子園・日本文理対中京大中京戦が一番好きな試合。
プロ野球では日ハムファンです。
12球団のドラフト情報を掲載・紹介していきます。
リクエストや要望はコメントでお願いします。
Twitter始めました。@bookerbaseball1
要望・依頼があればyakyuzukidraft@gmail.comまで

スポンサーリンク
オンラインカウンター
RSS
follow us in feedly
フリーエリア
リンク
Twitter始めました。(気軽にフォローしてください)
フリーエリア